スマートシティ

スマートシティのプロジェクト

ビンズンスマートシティのプロジェクトは省委員会の2016年から2020年までのビンズン省の05の画期的なプログラムに基づいて建設されました。それ以来このプロジェクトは、21世紀の地域経済とグローバル経済の新しい価値を目指し、人と知識を焦点として、国内外のリソースを集める事を目指しています。「スマート」な協力関係を発展のガイドラインとし、ダイナミックで革新的な経済を追求し、世界の変化に適応できるようにします。その中ではスリーハウスモデル(政府- 大学/研究所-企業)がベースとなります。

アイントホーフェンのモデルを研究したビンズン省は、ビンズンスマートシティの考えを別の方法でアプローチしました。スマートシティを特定の社会問題を解決するために先進の技術を適用する場所とみなす従来のアプローチとは異なる方法で、スマートシティの考え方にアプローチしました。ビンズン省から見ると、スマートシティの概念は、全ての要素が絶えず改善、革新、最適化されているダイナミックで革新的な接続されたエコシステムとして解釈できます。

スマートシティは、2つのメカニズム(スリーハウスモデルと柔軟なメカニズム)及び4つの要素(人及び技術、ビジネス、基礎)、6の基準(ブロードバンド接続能力、知的ワーカー、イノベーション、デジタルテクノロジーへの平等なアクセス、持続可能な開発、支援-激励)に従って運用されます。

この指針はビンズン省がコミュニティを包括的に発展させ、人的要素と知的ワーカーの要素を強調して、先進的な科学技術の研究や応用は人々や企業にサービスするものであると見る事を助けます。これはビンズン省の戦略的ビジョンと見なすことができ、省の発展目標に合い、世界中のスマートコミュニティの一般的な傾向にも合致します。

スリーハウスモデル

既にビンズンスマートシティのプロジェクトは基本的な結果を達成しました。省内の各団体は新都市エリアから省全体までの様々な規模で、多くの新しいアイデアや特定のプロジェクト、実務上の効率改善を積極的に行いました。このプロジェクトはビンズン省の社会経済的発展に大きく貢献しており、特に統合、国際関係の拡大、投資パートナーの誘致、国際舞台でのビンズン省の地位の段階的な向上に貢献しています。

ビンズン省は全体的規模だけでなく特定のプロジェクト運用モードでも、より効果的に運用できるように、柔軟で透明なスリーハウス調整メカニズムを形成しています。2018年はビンズン省がWTA(世界テクノポリス協会)に正式に加盟した重要な節目となり、同時にユネスコ、WTA、大田市(韓国)と一緒にビンズン新都市でWTA 20周年イベントが開催され、グローバルイノベーションフォーラムが催されました。

2018年11月25-26日にビンズン省は、ホラシスアジア会議(ホラシスアジア会議2018)を開催しました。これらの2つの重要な国際イベントにより、ビンズン省DPIでは世界の動向とビジョンに関する50以上のセミナーを開催され、20人以上の世界中の市長や首長、30人の大学の校長、60か国以上の国から組織や企業の約1000人のリーダーがビンズン省へ訪れ、ビンズン省を国際舞台での新たに一流となる事に貢献しました。

WTA(世界テクノポリス協会)に加盟すると同時に、ユネスコ、WTA、大田市(韓国)と一緒にビンズン新都市でWTA 20周年イベントが開催され、グローバルイノベーションフォーラムが催されました。 2018年11月25-26日ビンズン省は、ホラシスアジア会議(ホラシスアジア会議2018)を引き続き成功裏に開催しました。

これらの2つの重要な国際イベントにより、ビンズン省は世界の動向とビジョンに関する50以上のセミナーを開催し、20人以上の世界中の市長や首長、30人の大学の校長、60か国以上の組織や企業の約1000人のリーダーがビンズン省を訪れ、ビンズン省を国際舞台での新たに一流になる事に貢献しました。

Becamex IDCはスマートシティプロジェクトに協力しています

スマートシティスキームは、国内外のリソースをより広く導入し、省関連の建設のベースとなるものであり、工業や経済発展、産業、教育、トレーニングの価値を高め、労働者の質や生活、人々の労働環境を改善し、今後5年間、10年間のオリエンテーション計画に従って、本当に大きな新しい価値を創造し、ビンズン省の新しいニーズを満たす事ができるようになります、Becamex社は、ビンズンスマートシティプロジェクトの設立と実施において重要な役割を果たしています。

科学技術工業団地

応用科学団体をフォーカスしている大学ビレッジ:

応用科学団体をフォーカスしている大学ビレッジ:
 + 高品質の労働力。,
 + 科学技術移転の場,
 + 革新的なスタートアップ

科学工業団地は下記の最新のインフラを備えています:
 + 便利な接続ネットワークインフラ
 + 品質のユーティリティインフラ
 + 地域全体のブロードバンドカバレッジ

大学都市、理想的な生活環境:
 + 包括的なユーティリティサービス
 + 環境に優しいエコシステム
 + アクティブなライフスタイル

未来に備えた人材


未来に備えた人材
+ 研究協力(R&D及び技術移転)
+ 人材育成

国際協力
 + 革新的な教育方法と国際的な品質認定の適用
 + 世界有数の応用研究センターとの交流

創造的なエコシステムの構築
 + ファブラボ/テックラボ
 + Becamexビジネスインキュベーター

スマート物流開発

ビンズン省が引き続き輸送および物流インフラの品質をリードするために、Becamex IDCはパートナーと協力して、工業団地から国際空港と港を結ぶ鉄道や水路などのスマートな物流輸送回廊を開発しています。