ブランドストーリー

してのベトナム、ビンズン省、ベカメックス

ビデオをご覧ください
ビデオをご覧ください

1 / 2

BECAMEX IDC の概要

ベトナムにおけるインフラ開発の最先端を行く会社です

「政治や経済、第四次産業革命に基いたベトナムの工業は、数々の記録を更新してベトナムをアジアの新しい生産基地にしました。40年以上にわたる企画と開発によりBecamexは産業インフラの分野でトップブランドとなりました。

ビンズン省に於いて主要な工業都市が急速に発展しています。そのため、Becamexもダイナミックで創造的でより完璧になるように変化していっています。近代的な工業団地やスマートな輸送から住みやすい都市までの環境を整え、ビンズン省とBecamex IDCは、投資家がベトナムでの可能性にチャレンジできるように致しました。

BECAMEX のエコシステムについての概要

包括的なエコシステム

工業団地の開発・運営を強みとしてBecamexはワンストップサービスのモデルのエコシステムを完成させることを目指しています。それにより都市や工業団地が一緒に発展し、工業からサービス、貿易までがスムーズにアクセスできるようになります。

Becamexのエコシステムは、投資家と従業員によるインフラ施設から専門的サービスや行政手続きまでの活動を最高品位にて保証致します。

典型的なプロジェクト
全部ご覧ください

バウバン工業団地

バウバン工業団地は、ビンズン省バウバン区のライフンとライウエン地区にあり、2,000Ha以上の面積を有します

ビンズン工業・商業・住宅連合区

連合区はベンカット、タンウエン、トゥヤウモット市にあり、4,196Haの計画です。

ミーフック工業団地

ミーフック工業団地は2002年に400Haの第1期の建設を開始しました。現在ミーフック工業団地は大規模に拡張されており

VSIP 工業団地

ベトナム-シンガポール工業団地(VSIP)は、ベトナムとシンガポールの友好と経済協力に基づいて設立されました。

ビンディン工業団・商業・住宅複合開発

ビンディン省の社会経済発展に関する戦略的プロジェクトに加え、ベカメックスビンディン工業団地・商業・住宅複合開発があり、これは2017-2021年のビンズン省とビンディン省間の社会経済発展協力協定に基づくプロジェクトです。

典型的な数字

てはベトナムで一番です。

インフラ投資につい

31,925 ヘクタールです。

全国で投資したBecamexによる工業団地の総面積は

313億米ドルとなっています。

ビンズン省でのFDI(外国直接投資)は

64

の国と地域から投資を引き付けています。

100万以

上の雇用を創出しています。

102.000 戸です。

建設済み社会住宅数は

戦略的パートナー

明確な開発戦略と可能性によりBecamexは、世界で著名な企業とパートナーシップを結んでいます。

投資家の皆様 

ご参画ください

Becamexは高付加価値の製造業を歓迎します。 繁栄を創造するプロジェクトに私たちと一緒にご参加ください。

最新のニュース

ビンズンスマートシティのプロジェクト実施のスピードアップ-2019年7月18日 配信

電子情報によると-7月18日の朝、省の国際会議・展示センターで、ビンズンスマートシティ(TPTM)の執行委員会は、2019年の最初の6か月間のビンズンスマートシティプロジェクト実施計画の実施に関する報告を聞く会議を開きました。会議の議長は、省人民委員会副委員長兼ビンズンスマートシティ執行委員会委員長であるマイ・フン・ユン氏が務めました。 電子情報によると-7月18日の朝、省の国際会議・展示センターで、ビンズンスマートシティ(TPTM)の執行委員会は、2019年の最初の6か月間のビンズンスマートシティプロジェクト実施計画の実施に関する報告を聞く会議を開きました。会議の議長は、省人民委員会副委員長兼ビンズンスマートシティ執行委員会委員長であるマイ・フン・ユン氏が務めました。 会議で参加者はプロジェクトの実施における利点と困難を共有しました。同時に半導体および情報技術の分野で革新的なプロジェクトを実施する事が提案されました。 会議の締めくくりにマイ・フン・ユン氏は、機関や組織に2019年に登録された任務の実行に集中するように要求しました。特に目標は世界貿易センター協会(World Trade Center Association -100か国以上に300以上の貿易センターのネットワークを持つWTCA)に加盟する事で、Smart21のタイトル獲得を達成するためのソリューションの実施を継続する事です。さらにビンズンスマートシティを構築するためのソリューションを共有するために、国際的身分を有する研究者と専門家科学会議の開催を研究する事であり、近い将来にビンズンで2019年のアジア経済協力フォーラム(ホラシス)を開催する準備を整える事です。 ソース: Cổng TTĐT Bình Dương