最先端のパイオニア

としてのベトナム、ビンズン省、ベカメックス

概要

工業投資開発株式会社(Becamex IDC Corp)は、1976年に設立され、40年以上にわたり建設や開発をしてきました。現在ではBecamex IDCは工業団地、住宅地、都市、輸送インフラの投資開発に於ける全ての分野で一流の有名なブランドになりました。
企画や開発の過程で必用に応じて、本社は関連会社・子会社を設立しました。現在17社の関連会社・子会社があり、ロジスティックス、保険、建設、商業、不動産、サービス、通信-情報技術、 コンクリート生産、建設資材、鉱業、医療、教育に係る事業をしています。

ブランドストーリー

Becamex IDCは多業種グループであるだけでなく、全国的に主要な工業地帯を形成しているビンズン省の成長も担っています。ビデオクリップを通じて、 新しい目標を達成し、地域の社会経済発展に貢献し、国内産業の様子を変えるプロジェクトについてご覧ください。

ビデオをご覧ください

発展の方向性

「継続的な革新が発展を生む」のモットーに従ってBecamex IDCは40年以上にわたって継続的に革新と創造を行い、豊かで安定した価値を生み出しています。
– 今後Becamex IDCは産業および都市の開発を続けていきます。 そのうちビンズン省では北部地区の開発に焦点を当てるとともに、他の省への協力として開発モデルを他の省でも活用して開発を行っていきます。
– 交通インフラへの投資を継続し、国道13号線の拡張や他の多くの主要道路を建設して、地域の内外のアクセスをよくしていきます。
– ビンズンスマートシティのプロジェクトを実施するために引き続きビンズン省と行動を共にし、 ビンズン新都市に於ける高品質のサービスを提供してサービス業や商業を促進するとともにスマートロジスティックス、科学技術工業都市の開発を促進していきます。

Sembcorp:Sembcorpはグローバルな事業規模を持つシンガポール最大の企業の1つであり、シンガポール政府のTemasek投資ファンドが最大株主としてSembcorpの49.5%の株式を所有しています。
Sembcorpグループは3つの主要分野で活動しています。
- 都市および工業地帯の開発
- 海上輸送および船舶サービス
- エネルギー、水処理、環境
- 現在Sembcorpは産業インフラ開発 の分野でBecamexの戦略的パートナーです。

東京急行電鉄株式会社:東急電鉄グループは日本で最大の不動産会社です。
- 商業施設、レストラン、ホテルなど商業およびサービス分野の開発、運営をしています。
- 820,000戸のマンションを管理しています。
- 鉄道・バス運行への投資
- 東急グループの平均収益は年間200億米ドルに達します
現在東急グループは都市開発分野に於けるBecamexの戦略的パートナーです。

Warburg Pincus:Warburg Pincusは世界的な大手民間投資会社です。
- 自己資本:580億米ドル
- 総資本:740億米ドル
アジアで工業用不動産の賃貸業/倉庫業/物流業をリードしています。特に 中国、韓国、シンガポールで大規模な投資を行っています。
現在、Warburg Pincusは物流インフラ開発分野におけるBecamexの戦略的パートナーです。

NTTグループは、日本の大手通信会社であり、売上高では世界第4位です。 平均収益は年間1,000億米ドル となります。
現在NTTは通信インフラ・ICTの分野でBecamexの戦略的パートナーです。 

パートナー

過去、現在、未来に関わらず、Becamex IDCは、多くの分野にて世界で有名なパートナーとの提携を大事にしています。それにより評判を築くとともに多くの成功を収めることができています。

典型的な投資家

食べ物
テクニカル
サポート技術
医薬品
その他