インフラ整備

07.10.2011

1. 交通インフラ整備:

Becamex IDCが投資する各工業団地は国道13号に沿い、全国の重要な交通路線を繋がっている。

完全したのは25~62メトルの幅で、40~60トンの荷重で、アスファルトコンクリート敷の交通路線及び工業団地内道路システムである。

2008年の初めに建築された35キロメトルで、6車線の規模として、ミーフォク-タンバン高速道は各工業団地を南部の重点経済区の中心に繋がている。このことにより、現存の路線に比べて、各工業団地から海港・空港まで輸送するのは25分だけで、輸送経費が70%のみかかる。

その上、Becamex IDC総会社と上海市政工程設計研究総院と協力して設計した第13号線の高架道路がビンフォク交差点からソサォ交差点まで、全線の長さが25.7キロメトルである。ちなみに高架道の長さは20.16キロメトルで、ビンズォン省における各工業団地をビンフォク省及び西高原に行く本線に繋がって、重要な交通道路になる

2. 給電・給水システム

給電システム:500MAVの変圧所及び22 KVの国家電気回路網が土地ロットの境界に提供される。

給水システム:ビンズォン省において、Becamex IDC総会社に直轄する給水、排水のメンバーの会社がある。

工業団地の給水・排水システムはØ 27~Ø 800の水道管による閉管システムが完全に投資され、80.000立方メトル/日の能力で各工場に圧力及び能力を十分に提供する。

それ以外に、工業団地には加圧ポンプ所、二つの貯水槽、300つの消火設備が整備される。

3. 排水処理(B欄からA欄に処理)

各工業団地において16.000立方メトル/日の能力で集中排水処理工場は受け入れ、TCVN 5945:2005のA欄の基準に処理することを保障する。

4. 情報通信システム

VNTT技術・情報通信株式会社(Becamex IDCとVNTT郵政・通信グルプ及びベトナム投資・開発銀行の協力)はBecamex IDC総会社のメンバー会社で、各工業団地の連絡網・情報通信のインフラを担当すること。

電話ケーブルシステムは土地ロットの境界に設置され、お客様の要求に応じて、数量無限で提供される。ファイバケーブルシステムは通信アプリ及び外注チャンネルにアクセスすることができる。

IDD, VoIP, ADSLの交換局がある。