ビンズオン省は社会住宅のプロジェクトに大きく投資する・投資誘致、産業開発に関する新突破。

03.07.2011

ビンズオン省の強固開発について

ビンズオンは、投資資本誘致、南方における重要な経済域に置く省である。投資資本誘致、社会・経済的インフラの確立、都市化・農村農業産業化と密接になる工業団地の開発に関する成功の達成が評価される。

開発の15年間以上後、ビンズオン省は高く全面的に成長率を達成・維持する。年毎に国民総生産(GDP)の平均成長率は15%内外に達する。経済構造は産業に転化する。産業は62%、サービスは33,7%と農業は4,1%。

現在、ビンズオン省には、工業団地が総面積9000ヘクタール、28成立された。この各工業団地はビンズオン省の経済発展に貢献、勤務するように他の地方から従業員を誘致した。これまで、全省には、従業員は70万人以上いる。その内に他の地方からの従業員は85%約占めて、住宅の重要は高くなっている。

近年では、ビンズオン省は企業の投資誘致活動の最良サービスするようにサービスを供与と製造活動を社会・技術的インフラ強固で包括的な発展の投資への関心する。投資誘致のために好都合的な環境と条件を作るように人材の育成・人材質の向上、行政改革への感心する。

投資家力

インフラ発展投資の経験及び協力的な技術や財務などの協力的なマーケティング力、企業と密接関連、特別に利用できる広大な土地を持っている。Becamex IDCは主導の役割を取る企業と社会経済の開発主力の基準を取る。Becamex IDCは従業員の生活の世話、従業員が良い場所を所有、「安住と楽しい仕事」という夢を実現するために応援するように社会住宅計画建設の投資に依頼される。

2011 – 2015年の社会住宅プロジェクト

Becamex IDCのグエン・ヴァン・フン責任者は、Becamex IDCが2011-2015段階に投資家としてビンズオン省の社会住宅提案はテュダウモット、テュアンアン、シーアン町とベンカット、タンウイェン県の220ヘクタールの面積地企画における37件社会住宅の実施を述べる。
それとともに、総投資本は10.830億兆ドンで、12万5千人以住居のサービスのための面積の2,7百万平方メートルの土地における家を6万4千家屋建設される。
社会住宅は都市部、工業団地内などの便利な場所に建設される。アパートは5階建てのいくつかのブロックで構成されている。
アパートは科学的で便利で簡単に設計され、アパートの30平方メートルから60平方メートルに切り替えられる。学校、病院、スポーツ文化など状態の周りのユーティリティによって活用ができる。
公務員、役員、軍人、工業団地の従業員、大学・短期大学、中等職業学校の学生、en都市に住んでいる定職者、都市のアパートが無い人民、再定住人民、ビンズオン省で無住宅、安定的な有り仕事の人、従業員がアパートに住む又はアパートを貸す希望する企業などの対象は購買される。アパートを購買する場合は住宅所有権と合同土地使用権を供与される。
従業員が自己資金又は企業から従業員の給料の引き締め、借金資金でアパートを購買することができる
国家政策銀行、商業銀行は、従業員は住宅を購入する機会を提供・多くの人々は資金を出し合い、一緒にアパートを購入するために、優待的な資金を使用することができる。人民は社会住宅を簡単に購入するように、地方、地区などの機関、工業団地の管理委員会と投資家は良く接続的な条件を作る事に感心する必要である。

プロジェクトの適切な目標

社会住宅の提案では、建物質と格好な値段は提出された二つの問題である。

Becamexの社会住宅は、30平方メートルのアパートの売値は9000万ドンから140万ドンで、床の係数に応じて(1平方メートルは300万から600万である)そのように可能という意見があるが、Becamexの方は、現在のような収入にとって、従業員は以上の値段のアパートを所有するように困難があるという心配がある。

Becamexのグエン•ヴァン•フン社長兼責任者は、Becamexは資本、技術、建設技術に関する潜在の満喫と確認する。共に、住宅に関する需要が非常に大きくなる及び従業員にアパートを購入するように資金の救助に関する特別な注意を持て居るために、対象に性格に提供する目標を実施することができると確認する。

更に、Becamexの220ヘクタールの面積建設は従業員向けの便利なサービス区を建設するための工業団地における企画された土地である。

それで、その土地では、インフラを建設しておかれて、建設の費用を含まらなないので、ア建設費だけでパートのコストがやすいである。

管理の上では、他の社会住宅とは同じではなく、建設ができたとき人はアパートに入って、気を抜いた管理、不衛生など、本住宅の完了の時、住宅に住んでいる人民が選べる管理委員会がある。ビンズオン省は2020年に都市中央直轄になるように建設省の公共的な規制と都市化の程度に応じる規制を実施・現代的な都市に応じた科学的に管理される。

ビンズオン省のレ・テャン・クン氏人民委員会長 は近い将来、地域の指導者たちは、機関を演出、土地利用開発プロジェクトの土地使用料を収集せずにそのような土地の割り当てなど実用的なサポートポリシーを与えるだけでなく、指示していきます投資家への優遇融資のために、従業員がローンを拡張し、金利優遇、補助金の金利の形で住宅を購入すると強調した。同時に工業団地の投資家へのBecamex IDCの実装と社会住宅の工業会社への企業や労働者への通信を調整する責任を負うべきである。

社会住宅プロジェクトは、次の段階にビンズオン省の強硬な産業開発の過程の保障に関する先端突破するためのプロジェクトだと言われる。これは、ビンズオン省は地方に出勤・

ビンズオン省の開発に愛着のために来ている従業員の生活の世話を期待する。従業員の住宅の解決は良くなると、ビンズオン省は経済に関する開発しあつつ。特に、強固な産業を開発する。Becamex IDCはビンズオンと他の地方における工業団地とにプロジェクトを成功に行った。Becamex IDCは経済開発の推進特にビンズオン省の産業開発に貢献する会社である。我々は、Becamex IDCは住宅社会のプロジェクトは齎し、このプロジェクトの成功とともに経済社会の効力だと信頼する。

住宅安はくなく、広々として美しい。

アパートは一流の建築家と建設家によって建設され、ここの建物平方センチメートルを活用するように個々の能力を研究、建設進度を加速されるための典型的な構造を作成るように設計のモジュール方法を適用する。
建設技術の面では、床技術、軟弱地盤の補強方法、軽量コンクリートの壁の技術
軽量コンクリートの壁の技術、鉄骨技術、熱発泡コンクリート屋根対策などの方式を適用し、建設時間の節約ができる。このプロジェクトに建設科学の適用に重視するおかげで、建設コストを最多的に減らし、適切な需要を持っている人々に機会を作成し、都市における駐車場、商業サービスなどある広々とした家を所有するための財務状況は限られ、「安住と楽しい仕事」という自分の夢を実現する。

詳細については:

起工式では、ホアン・ツユン・ハイ氏副首相は、ビンズオン省の担当者と各企業は社会住宅の建設投資と開発に注意を賞賛した、その内に、ビンズオン省は2020年までに特に2011-2015の住宅の開発計画の建設に敢然的に注意するべけである。
副首相は、ビンズオン省は都市計画における社会住宅のモデルを構築し、技術インフラ、社会インフラを完全に人々の需要を満たすを満たしていると指摘した。これは右方向が推進を継続する必要な方法である。
副首相は、省庁とビンズオン省は経済的利益と一致して低所得のためのパイロットモデルハウスを開発し、太平洋のプロジェクトに自分たちの生活を参照してください必要があるモデルである。全国レプリケートする必要がある。これを行うには、低所得者に賃貸住宅ストックの作成、政府、ビジネス、クレジットシステムと銀行の間のより良い調整を必要とします。

関係のニュース