ビンフック省は東京での投資促進活動をします。

26.06.2019

BPO-6月26日午後ビンフック省はBecamex Binh Phuoc株式会社と協力して東京で投資促進ワークショップを開催致しました。

セミナーの議長は中央委員会委員かつ省党委員会グエン・バン・ロイ書記長と在ホーチミン日本国総領事館の河上淳一総領事でした。

セミナーに出席したのは、省党委員会の常任委員会のメンバーかつ人民議会副議長のトラン・ゴック・チャイ、常設委員会のメンバーで地方党委員会宣伝部長であるトラン・チュエット・ミン、Becamex IDCのファム・ゴック・トゥアン社長、各部局のリーダー、Hon Quan区のリーダー、それから東京の50社以上の企業の代表者でした。

セミナーでグエン・バン・ロイ書記長は川上総領事のご出席は、日本とベトナムの包括的な開発協力に関する特別な関係、特に南部ではビンフック省との関係構築に関心を持たれている表れであると述べました。

グエン・バン・ロイ省党委員書記長はセミナーで日本企業と交流しました。

グエン・バン・ロイ書記長は、ビンフック省は南部の主要経済圏にあるものの未だ多くの開発の可能性を秘めており、そのためセミナーに日本企業が参加する事は省の可能性と投資優遇政策を紹介する機会であると述べました。

グエン・バン・ロイ省党委員会書記長は石川県での投資促進セミナーの後、いくつかの企業がビンフック省に投資するために連絡したと述べました。これはビンフック省における日本の投資協力プログラムの重要な前提です。

川上総領事はビンフック省の可能性と投資政策を高く評価しました。特に工業団地でのクリーンな土地、原材料を活用した農林業の加工及び裾野産業です。

川上総領事は、日本の企業がビンフック省に進出するために必要な手続きを橋渡し、支援する用意があると述べました。

ビンフック省のリーダーの代表としてフイン・アン・ミン副委員長は、省の資源やインフラ、方針、優遇政策を紹介しました。同時に、彼は企業の成功はビンフック省の成功でもあると言うモットーの基に、ビジネスにとって最も有利な条件を出す事を約束しました。

Becamexビンフック株式会社とBecamex IDCの社員は、工業団地とBecamex-ビンフック工業住宅複合開発のプロジェクトについて多くの情報を提供しました。これは、Becamex IDCの主要かつ重要なプロジェクトの1つであり、規模は約2,448ヘクタール、総投資額は21兆ドン以上です。

ビンフック省の指導者と日本の衆議院安全保障委員長

それに先立ちグエン・バン・ロイ省党委員会書記長は日本の衆議院安全保障委員長と会談し、同省のための投資協力プログラムや航路の開設、ODA支援プログラムについて議論しました。

引用: http://baobinhphuoc.com.vn/