ミェン・ドンー国際大学プロジェクトの影響

07.10.2011

くわ入れ式では、副首相兼教育訓練省のグェン・チェン・ニャン氏は教育訓練発展、ビン・ズォン省の人材教育へ現地の組織、企業、個人からの専念、関心を評価した

27既存工業団地は工業化加速、経済構造、労働構造の変化にビン・ズォンの有利点である。ただし、高レベル人材をはじめとする多くの教育された人材供給を求める課題である。それで、人材教育強化、経済発展要求、社会要求に応えるのはビン・ズォンだけでなく、東南部にも、全国にも緊急な問題である。副首相はそう述べた。

詳細計画を立てて、数量、質に応える教師チーム設立、先進教育プログラム完了、協力効果、国際統合強化を集中とする全面的な発展を引き続いて強く投資すべくと副首相がBecamexIDC会社に留意した。

(2009年8月13日に、ミェン・ドンー国際大学のくわ入れ式におけるグェン・チェン・ニャン副首相の発表の引用)

上述した詳細的な実際の活動で、ホーチミン国家大学、我々は特別な関心をもって、ミェン・ドンー国際大学設立をできるだけ補助すると誓約した。数々のレベル、セクターの“応用-職業大学”となる方向で発展して、人材レベルを向上して、東南部と南部重点経済地域の経済社会発展要求、各企業の希望に応えて、政党、国家が任せた使命を完了してほしいという。ミェン・ドン国際大学が設立したら、ホーチミン国家大学はミェン・ドンー国際大学を別の詳細的な承諾によって特別なメンバーとするのを考慮する。

(2009年8月13日に、ミェン・ドンー国際大学のくわ入れ式におけるホーチミン国家大学の副委員長のグェン・ドック・ギャー氏の発表の引用)

ミェン・ドンー国際大学建設はビン・ズォンの強固で、維持経済社会発展の新しいチャンスを開く。このプロジェクトは発展を促進し、安定をして、投資を引き付けるどころか、省の物腰を変えて、ビン・ズォンの視界、決心を知識経済の方向に表す。これは省に対するBecamexIDCの責任で、南部重点経済知識に対するビン・ズォンの責任でもある。

このしきをもちまして、投資主の変わりに、予定進捗、質のとおりに完了すると誓約する。教育訓練省が裁定したら、大学設立を本格的に決定するために政府に提出する。技術人材要求に応える地域の近代的な、大きな大学なので、外国から技術移転、ODAの金額を受けて、投資を続けて、“応用―実行”という方向に運営するために、政府、省、セクターから補助を受けたい。大学が早く運営できるように、ビン・ズォン省の省、局、セクター、企業から特別な関心を受けたい。

(2009年8月13日に、ミェン・ドンー国際大学のくわ入れ式における総会社リーダーの発表の引用)

“そのために、社会要求による教育についての首相の提案実施を目的に、教育を経済発展と結びついて、近代的な管理模型でハイテク工業を発展する。高レベル人材を供給して、生産技術を向上して、投資家にビン・ズォン省の生産経営へハイテク技術を強く投資させるために、Becamexがミェン・ドンー国際大学建設を国際標準に投資した。

(2010年12月16日に、ミェン・ドンー国際大学の情報会における総会社リーダーの発表の引用)