都市区 ビンズオン省は2011 – 2015年の社会住宅プロジェクトを起工

06.07.2011

今朝(2月24日)産業・サービスとビンズオン都市地域の連合区におけるホアロイ都市で地方の人民委員会と投資・産業開発有限会社(Becamex IDC)は2011-2015年のビンズオン省の社会住宅プロジェクトの起工式を開催した。ホアン•チュン•ハイ副首相、グエン・ミン・チエット元大統領、マイ・テェ・チュン委員会委員長、レ・テャン・クン人民委員会長共に省庁、中央支店の代表者は一緒に式典に出席した。

ホアン・チュン・ハイ副首相と中央支店、ビンズオンの省庁の代表者とはホアロイのアパートでプロジェクトを開始するボタンを押す。

投資家としてBecamex IDCによる2011-2015年のビンズオン省の社会住宅プロジェクトは6万4千人にサービスし、アパートを64,700件建設される。建築面積は240ヘクタールで、テュ・ダウ・モット町、テュアン・アン、ヂア・アン、タンウイェン県とベンカット県の場所に37位置構築が期待され、投資金額は10.830億ドンである。サービス対象は役員、職業軍人、工業団地の従業員、公務住宅を返す対象;大学又は短期大学とか中等職業学校の学生、都市での低所得の人々、他の企業を持っていない自分の家やリースを購入する労働者に対する需要などを含む。各都市の社会住宅は様々なサイズのブロックの4階で構築されている。アパート価格は、従業員の平均所得と一致している。現在、建設を完了されたアパートの価値は僅か9000万ドン/アパート(付加価値税(VAT税)を含まない)である。買い手は、建設の進捗状況として、分割払いで支払うことになる。さらに、買い手は、銀行からの支援融資を考慮し、契約に基づく長期的な支払義務の完了時に着陸する接続されている所有権の証明書を供与する。

式典で言えば、ホアン•チュン•ハイ副首相は、ビンズオン省の重要なイベントの地域、企業、従業員とスタッフを祝福し、同時に、この社会経済的重要性の共低所得労働者の生活の世話をして下さい”常に党と国家住宅開発エリアを含むケアは、その主要な目標だと述べた。

住宅法を制定された時、政府は社会の住宅を満たすために、多くの政策や住宅の形成を開発するようにモデルを制定した。その内に、社会の需要を満たすために、低所得者、農村部の貧しい人々、学生、工業団地と輸出加工区の従業員、クーロンの洪水ゾーンのプログラムなどを含む。結果として、2010年までに、全国での住宅率は約10,5m2/人、2011年に焼く18,6m2/人に達成した。毎年、全国は住宅の10.000万平方メートルの建設を投資したお。2020年までに産業国になる目標を達成するために、政府は、2011-2020年の住宅戦略と2030年までに住宅の視野を制定し、その内に、2015年までに22m2/人と2020年に25m2/人と2030年に30m2/人の目標に到達する必要がある。

投資家としてBecamex IDCによる2011-2015年のビンズオン省の社会住宅プロジェクトは6万4千人にサービスし、アパートを64,700件建設される。建築面積は240ヘクタールで、テュ・ダウ・モット町、テュアン・アン、ヂア・アン、タンウイェン県とベンカット県の場所に37位置構築が期待され、投資金額は10.830億ドンである。サービス対象は役員、職業軍人、工業団地の従業員、公務住宅を返す対象;大学又は短期大学とか中等職業学校の学生、都市での低所得の人々、他の企業を持っていない自分の家やリースを購入する労働者に対する需要などを含む。各都市の社会住宅は様々なサイズのブロックの4階で構築されている。アパート価格は、従業員の平均所得と一致している。現在、建設を完了されたアパートの価値は僅か9000万ドン/アパート(付加価値税(VAT税)を含まない)である。買い手は、建設の進捗状況として、分割払いで支払うことになる。さらに、買い手は、銀行からの支援融資を考慮し、契約に基づく長期的な支払義務の完了時に着陸する接続されている所有権の証明書を供与する。

式典で言えば、ホアン•チュン•ハイ副首相は、ビンズオン省の重要なイベントの地域、企業、従業員とスタッフを祝福し、同時に、この社会経済的重要性の共低所得労働者の生活の世話をして下さい”常に党と国家住宅開発エリアを含むケアは、その主要な目標だと述べた。

住宅法を制定された時、政府は社会の住宅を満たすために、多くの政策や住宅の形成を開発するようにモデルを制定した。その内に、社会の需要を満たすために、低所得者、農村部の貧しい人々、学生、工業団地と輸出加工区の従業員、クーロンの洪水ゾーンのプログラムなどを含む。結果として、2010年までに、全国での住宅率は約10,5m2/人、2011年に焼く18,6m2/人に達成した。毎年、全国は住宅の10.000万平方メートルの建設を投資したお。2020年までに産業国になる目標を達成するために、政府は、2011-2020年の住宅戦略と2030年までに住宅の視野を制定し、その内に、2015年までに22m2/人と2020年に25m2/人と2030年に30m2/人の目標に到達する必要がある。

ミフオックアパートでの起工式

ヴィエットシンアパートでの起工式

この計画を実施するために、政府は、ビンズオン省は2015年までに住宅の計画を作成し、積極的に実施している。その内に、2015年までに地方の住宅需要と社会経済開発速力、社会経済構造再編と都市化速力を約80%に達成することに応じて、地方の社会住宅を満たすために具体的な目標を提供した。政府はビンズオン省の本能力を高く評価した。実際に、ビンズオン省は従業員と地人民の需要を満たすために、社会住宅プログラムの開発に投資する企業の呼び出しのモデルを作成した。

ホアン•チュン•ハイ副首相は、ビンズオン省の指導者と各企業を賞賛し、2020年までに住宅プログラムを積極的に構築した。同時に、 ビンズオン省共に省庁、中央機関に住宅の賃貸のモデルを実験に作成することを請った。その住宅の賃貸のモデルは、現在Becamex IDCの住宅も上達で競争なモデルのである。それで、政府の住宅戦略の長期的なモデルは賃貸に切り返すことである。そうすることで、テナント向けの長期信用の形成を保証するために、長期信用模型を作成するように政府と各企業と各銀行との間の協同があるはずである。政府は、将来の低所得向けの住宅開発と共に、ビンズオン省に住宅の賃貸のモデルを強固に適用される。

2012年2月24日にも、ビンズオン省におけるヴィエットシン、ミフオック、ホアロイのアパートの3場所での起工式を同時に開催した。