2011 – 2015の期間の社会保障住宅を建築するプロジェクト

07.06.2011

07月05日に、省人民委員会会長のレー・タン・クン氏及び副会長のテャン・タン・リェン氏は工業投資・発展総会社 – 一つのメンバーの有限会社 (Becamex IDC) が2011 – 2015の期間の社会保障住宅を建築する提案を説明する会議を担当する。主席者は関連のある局、業界及び提案履行機関である。

Becamex IDCを投資家とする社会保障住宅の提案は地方における労働者の住宅の需要の一部を満たして、低所得の人が安い価格でも高質のアパートを所有できるようにし、生活・娯楽のところをもたらし、だんだん生活を改良し、各地方における安定な人力を作る。

一方、政府の政策による優先を受ける対象及び各工業団地の労働募集需要を満たし、持続可能な経済発展のために、社会保障住宅の提案は各工業団地の重大な労働を維持する貢献がある。

ビンズォン省の各工業団地の発展特色に基づき、幹部、職員、役員,士官、軍人、労働者、大学・高等・専門学校の学生、工業団地・工業区における働く低所得の労働者の住宅重要を満たす目的として、社会保障家の提案は実験地点として、テュズウモット村(ホォ・ロィ住宅地)及びベンカット区(ミーフオク1、ミーフオク2、ミーフオク3の工業団地・住宅区、テョイホァ住宅区、バウバン工業団地・住宅地)で履行される。

社会保障住宅は別々な4階建てのブロックで、周りが幼稚園、幼稚教育、貿易・サービスの地区、駐車場、医療、アミューズメントサービスなども整備されている。Becamex社会保障住宅の値段は一軒の30平米であるアパートにあたり1.3億ドン、一軒の60平米であるアパートにあたり2.6億ドンである。

会議でレー・タン・クン会長によってこの提案が省の労働者向け住宅地を建築する主張を展開するために実効かつ緊急でBecamex IDCが早めに履行することを確認するべきだと。建築位置のことについては、ベンカット区とテュ・テュズウモットタウンとの縁取りで履行してから、テュアンアンタウン及びヂ・アンタウンで履行するという。提案の規模は近代的な工業・都市の向けで、7~10階のフロアで、サービスがグラウンドフロアに十分に装置される。提案が早めに履行されるように、各業界は資本・税関・土地に関する政策を計算し、検討することを担当すると言いました。