Becamexサイド東急MOUプレス発表内容

27.10.2012

ビンズオン省では、外国投資はほぼ2000件あり、資金は15億ドルで、国内の企業は13.000企業以上あり、総資本は95000億ドン(約45億ドル)である。ビンズオン省の投資の企業が多くある国家は日本、韓国、シンガポールである。

近年では、ビンズオン省の外国投資のプロジェクトは資本だけなく、技術とサービスの質量を増加する傾向があり、地方の工業化と近代化の進度の推進に貢献する。これは又、各都市とサービス、商業も開発し、ビンズオン省の広々として美しく現代的な都市の顔を作成する

世界での開発都市及ぶ快適で文明現代的な生活環境を与えることを希望し、投資・産業開発会社のBecamex IDCはサービス、産業、ビンズオン都市の連合区における1,000ヘクタールの面積の新都市中心の建設を投資した。

ビンズオン新都市中心は2010年04月から現在までに、2年未満で、完全な施設設備の近代的な都市の顔を現しつつある。便利に勉強・勤務・アミューズメントすることを作る。
投資産業開発有限会社(Becamex IDC)は最初の住民の多様な需要を満たすために、交通、電気、水道、電気通信などのインフラから公園、生態系湖、滝のインフラへの完了の投資すると、大学、高等学校、小中学校、幼稚園、商業区、運動所、会議センターなどの建設を集中する。

ビンズオン新都市中心の建設は南方における重点な経済地域を推進するために地方の強固な産業開発と重要な貢献を満たすためである。ビンズオン新都市中心は大きな規模の重要なスケールになり、生活、勤務、エンターテインメントの要求の国際的な基準を満たすだけなく、ビンズオン省の新顔である。ビンズオン新都市中心プロジェクトは重要な意味がある工事であると考えられ、2020年に、中央直轄都市になるビンズオン省を入力能力するように、改修期間中に急速な都市開発に貢献し、政府とビンズオン省の住民の願望を満たす。ここでは、多くの投資家の理想的な投資場所で、近い将来にビンズオン都市の人力や財力や物的資源などを誘致する。ビンズオン新都市中央は産業・投資・サービスの連合になり、12万5千人の定住者と地方に勤務する40万以上の人にサービスする。ビンズオン新都市中央は国際の基準と視野に応じる機能的なインフラの領域の計画の重要な役割を果たすことになる。
以上の目標と、それらの機能に加え、Becamex IDC会社は国際的な名声をもたらした工事を構築するために、外国投資との合弁事業を持っている。その内に、典型的な1件のプロジェクトはビンズオン等級都市のである(英語でTokyu Binh Duong Garden Cityという)。