ビンズン大通りのBOTプロジェクト

概要 >> プロジェクト >>交通インフラ >> ビンズン大通りのBOTプロジェクト

ビンズン大通りのBOTプロジェクト

投資家:Becamex IDC Corp.
総投資額:6,830億ドン
長さ:62 km(ホーチミン市に隣接、ビンズン省の主要工業団地を経由してビンフック省に隣接)
2000年に部分的に開発し、使用できるようにしました。

技術基準

– 6車線、レベル1の普通道路標準
– 舗装の全幅:28-36 m。
– 車の速度:80 km/h
– 雨水溝、照明、信号機、街路樹が完成しました。

交通料金徴収システムを改修しました。

顧客にとって便利な交通手段の需要に応え、料金徴収システムをより効果的に管理するために、Becamex IDC Corpはビンズン大通りの2か所にて自動および半自動の料金徴収システムを設置しました。

その他の情報

このプロジェクトは2007年4月から株式化され、運営されています。
資本金:3,370億ドン。 Becamexは資本金の75%を占めています。

今後の開発

Becamex IDCは国道13号線をBOT方式で改善および拡張するプロジェクト(Vinh Binh橋からLe Hong Phong交差点まで)を企画し、評価のために計画投資局に提出しました。主な内容は、右側(ホーチミン市からビンズン省方向)に2レーン拡張、歩道改善、街路樹; 雨水溝としてØ800-Ø1500の開口システムの新規設置です。

同分野のプロジェクト

ミーフック・タンバン道路

ミーフック工業団地と都市部からベンカットやトゥヤウモット市、トゥアンアン、ジーアンの4地区や町にある大きな工業団地を経由して空港のゲート、インターナショナル海港まで行きます。