ビンズン工業・商業・住宅連合区

概要 >> プロジェクト >>工業団地 >> ビンズン工業・商業・住宅連合区

ビンズン工業・商業・住宅連合区

位置:連合区はベンカット、タンウエン、トゥヤウモット市にあり、4,196Haの計画です。

計画:ビンズン工業・商業・住宅連合区は工業団地、高級なサービスエリア、新しい都市エリアを含むように計画されています。

1. 工業団地:約1800Ha

環境汚染のないクリーン産業や国際市場で競争力のあるハイテク産業を興します。電子・電機機器、情報産業、建材などの製造を優先します。

既に投資家がいます。

  • ベトナム-シンガポール工業団地第2期:344Ha
  • ソンタン工業団地第3期:533Ha
  • ダイダン工業団地:274Ha
  • フージャ工業団地:133Ha
  • ドンアン工業団地第2期:158Ha
  • キムフイ工業団地:237Ha

2. 高級サービスエリア:(約7Ha)

下記を含んでいます:

  • ツインダブスゴルフ場302Ha
  • 映画スタジオ:10Ha
  • その他サービス

3. 再定住地域を含む都市部(約1,662Ha)

下記を含んでいます:

  • 都心および行政、文化、医療、教育、商業、ホテル、賃貸事務所…:62.3Ha
  • 都市部-708Ha:マンション、庭園付き低層住宅、タウンハウスを含みます。
  • 再定住地域-655Ha:タウンハウスとマンションを含みます。
  • 緑豊かな公園、娯楽エリア-約71Ha:新しい住宅地と再定住地域に近接しています。

施工期間

2005年-2020年

  • 基礎インフラ、配電網、工業団地およびサービスの構築:2005年-2010年。
  • 新しい都市部の建設期間:2010年‐2020年

実施スケジュール:

1.再定住の手配:

ビンズン省人民委員会は、計画地域の世帯を再定住させるためフーミー区(71Ha)、ホアロイ区(140.6Ha)、ディンホア区(78.4Ha)、フーチャン区(248Ha)とタンビンヒップ区(103Ha)の5か所の計画を承認しました。Becamex IDCは承認された計画に従って技術インフラを完成し、計画エリアでの土地の収用、住宅の建設を行い、全ての世帯が安定した生活を送れるように再定住用土地の割り当てを完了しました。

2.施設の建設

-道路:承認された計画の通りに連合区には全長34.4 kmの7つの道路があります。エリア全体のスムーズな交通の確保ができており、ミーフック・タンバン道路、将来建設される予定の第4環状線、国道13号線、省道741号線、省道742号線、省道743号線、省道746号線などの既存の道路に接続しています。

-排水路:工業団地の全体に、全長34 kmの03主要な排水路があり、完成済みで使用されています。

-電気、水道、通信供給システム:承認されたプロジェクトに従い、投資家は専門ユニットと協力して調査と建設を行いました。これまで再定住地域の人々と連合区の投資家の要求を基本的に満たしています。

同分野のプロジェクト

ビンディン工業団・商業・住宅複合開発

ビンディン省の社会経済発展に関する戦略的プロジェクトに加え、ベカメックスビンディン工業団地・商業・住宅複合開発があり、これは2017-2021年のビンズン省とビンディン省間の社会経済発展協力協定に基づくプロジェクトです。

バウバン工業団地

バウバン工業団地は、ビンズン省バウバン区のライフンとライウエン地区にあり、2,000Ha以上の面積を有します

ミーフック工業団地

ミーフック工業団地は2002年に400Haの第1期の建設を開始しました。現在ミーフック工業団地は大規模に拡張されており

BECAMEX -ビンフック工業団地

Becamex-ビンフック工業団地はビンフック省チョン・タン区に位置します。総面積は4,600Haで、その中に約2,400Haの工業用地や2,200Haの商業・住宅用地があります。

BW工業開発プロジェク

BW工業開発株式会社(BW)は2018年5月にベトナム最大の工業用不動産開発会社であるBecamex IDCと世界で民間投資ファンドをリードするWarburg Pincusによって設立されました。

VSIP 工業団地

ベトナム-シンガポール工業団地(VSIP)は、ベトナムとシンガポールの友好と経済協力に基づいて設立されました。