ビンズン新都市

概要 >> プロジェクト >>都市 >> ビンズン新都市

ビンズン新都市

計画によるとビンズン新都市には次の項目が含まれます:

1. ビンズン市の中央行政センターは行政改革に焦点を当て、人々により効果的なサービスを提供しています。
2. ハイテク技術パーク
3. 金融・銀行・証券センター
4. 賃貸オフィス、レストラン-高級ホテル
5. 国際会議・展示場、大学
6. 公共サービスエリア:広場、公園、天然湖、文化センター、幼稚園、病院
7. 技術インフラ:交通道路、排水システム、地下埋設配電網、通信システム.

新都市は省全体の政治、経済、文化、社会の中心となります。モダンでダイナミック、持続可能な都市センターでは125,000人以上の長期の住民と40万人以上の定期的に働く人々にサービスを提供できるように様々な種類の開発を行っています。上記の計画に従って、Becamex IDCは近代的なインフラの建設をし、公共交通は近隣の省へ接続できるようにしています。同時にBecamex IDCは国内外の著名で経験豊富、財政的にも技術的にも秀でた投資家に都市の二次開発に参加するように呼び掛けています。

建設が完了すると、この新都市エリアは商業やサービス、技術の都市となり、次の項目に合致するようになります:

– 環境にやさしい近代的な都市デザイン基準に基づいて新しく開発された都市となります。
– 最高のサービスを提供します。
– この開発モデルはハイテクサービスを引き付けるための新しいデザインアイデアと新しいテクノロジーに基づいています。

同分野のプロジェクト

東急ビンズン都市

Becamex東急株式会社(BECAMEX TOKYU)は、東急電鉄とBecamex IDC Corporationの合弁会社で2012年3月に設立されました。これらは日本とベトナムの2大企業です。

エコレイク・ミーフック

エコレイク・ミーフックはビンズン省ベンカット町にエコロジカルなオアシスとして設計された都市エリアです。

BECAMEX シティセンタープロジェクト

ベカメックスシティセンターのプロジェクトを確実なものとするために、Becamex IDCはプロジェクトに参加する2つのパートナーを選択しました。

BECAMEX社会住宅

2011年から2015年の期間にBecamex IDCが投資したビンズン省の社会住宅プロジェクトは、トゥヤウモット市3か所とトゥアンアン、ジーアン、ベンカット、タンウエンの220Haの計画地で37の社会住宅プロジェクトを実施しました。