ミーフック工業団地

ミーフック工業団地は2002年に400Haの第1期の建設を開始しました。現在ミーフック工業団地は大規模に拡張されており、具体的には次のとおりです。

– フェーズ2: ミーフック工業団地第2期:800Ha
フェーズ3: ミーフック工業団地第3期:2,280 ha
– フェーズ4: ミーフック工業団地第4期:1,000Ha

これはベトナム初の新しいモデルの工業団地です。複合開発により工業生産だけでなく、サービス、商業、住宅も併せ持ちます。 持続可能な発展を確保し、ビンズン省北部の工業地帯を建設することを目指しています。

南部の主要経済地域(ホーチミン市、ビンズン省、バリアブンタウ省、ドンナイ省)に位置しています。 ホーチミン市からは北へ40Km、トゥヤウモット市から14Kmの距離にあり、ミーフック工業団地は有利な位置にあります。

1. 港、インターナショナル空港、ホーチミン市の商業サービスセンター(車で60分)が近いです。サイゴン新港、サイゴン港、VICT、ICDフックロンまで32 km、 タンソンニャット国際空港まで42Kmです。

2. 隣接する国道13号線は、6車線に拡張・改修され、ビンズン省と近隣の省を結ぶ幹線道路となっています。特にビンズン省は国道51号線に接続するミーフック・タンバン道路を建設し、ヒップフック港やカトライ港(ホーチミン市)、カイメップ港やティバイ港(ドンナイ省、バリアブンタウ省)やロンタン国際空港(ドンナイ省)の利点を最大限に活用できるようにしています。テナント様は中央の高原地帯やホーチミン市へ容易に行く事ができます。

3. ビンズン省の重要な行政単位であるトゥヤウモット市とベンカット町(半径14 Km)の交差点に位置しています。人口の特徴としては、労働年齢の人が約150万人おり、毎年7,000人から9,000人の高校卒業生がいます。工業団地は、テナント様の生産のための労働力を募集するために、人材を紹介し会社が有利な条件を導入できる事を保証します。

4. 海抜28-32mのところにあり、地盤が固いため(杭打ちが不要))、テナント様は建設費の約30%を節約できます。

ミーフック工業団地のインフラ

•団地内道路:団地内道路は全体で25mの幅があります(車道の幅は15 m、歩道の幅はそれぞれ5m)で、トラックの最大積載量は40〜60トン/台です。

• 電気:国の電気はタンディン-ミーフックおよびベンカット-ミーフック(22KV)の2系統から分譲区画の境界線までを提供されます。 電気容量は126 MVA(フェーズ1)、200 MVA(フェーズ2)および500 MVA(フェーズ3)です。

•上水:WHO基準に従って処理された水が分譲地の境界線まで供給されます。12,000m3 /日(フェーズI)及び30,000m3 /日(フェーズII)、120,000m3 /日(フェーズIII)の容量です。

• 通信:電話回線は分譲区画の境界線まで設置され、顧客の要求に応じて無制限に供給されます。光ファイバーシステムはブロードバンド(ADSL)および専用回線(リース回線)に接続できます。

• 大容量の排水処理プラントにより(B基準からA基準に処理)テナント様からの廃水を受け入れ河川放流前に法律通りに処理致します。
• 消防:工業団地には専門防火チームがあります。 団地内道路に沿って給水システムがあり、1年365日24時間体制で工業団地のセキュリティは、消防および暴動の訓練を受けています。

• 労働支援・相談センター:工業団地内にあり、テナント様の労働者採用の支援をしたり、採用ポリシーに関するアドバイスをしたり、労働者募集プログラムを促進したり、仕事の紹介など工業団地内労働支援を行っています。
• 商業サービスエリア:駐在員用の住宅、銀行、運送サービス、労働者用食堂、医療サービス、娯楽リクレーションなどの支援サービスを提供します。
• 無料の投資プロジェクト手続き支援サービス:テナント様に投資証明書申請手続きと投資証明書後の手続きを支援します。

E-Brochure
E-Brochure

ダウンロード数: 0

15.10.2018

15.10.2018

同分野のプロジェクト

BW工業開発プロジェク

BW工業開発株式会社(BW)は2018年5月にベトナム最大の工業用不動産開発会社であるBecamex IDCと世界で民間投資ファンドをリードするWarburg Pincusによって設立されました。

ビンズン工業・商業・住宅連合区

連合区はベンカット、タンウエン、トゥヤウモット市にあり、4,196Haの計画です。

バウバン工業団地

バウバン工業団地は、ビンズン省バウバン区のライフンとライウエン地区にあり、2,000Ha以上の面積を有します

VSIP 工業団地

ベトナム-シンガポール工業団地(VSIP)は、ベトナムとシンガポールの友好と経済協力に基づいて設立されました。

ビンディン工業団・商業・住宅複合開発

ビンディン省の社会経済発展に関する戦略的プロジェクトに加え、ベカメックスビンディン工業団地・商業・住宅複合開発があり、これは2017-2021年のビンズン省とビンディン省間の社会経済発展協力協定に基づくプロジェクトです。

BECAMEX -ビンフック工業団地

Becamex-ビンフック工業団地はビンフック省チョン・タン区に位置します。総面積は4,600Haで、その中に約2,400Haの工業用地や2,200Haの商業・住宅用地があります。