会議・展示センター

ビンズン省の中央行政センターの隣に位するビンズン省会議・展示センターは面積が13,859.4m2であり、総床面積は16,357.5m2(オープンスペースを含まず)、建築物の高さ28,7 mです。メインホール1,358席があり、100から300席に分かれた小会議室(計1,050席)があり、国際的なイベントの全ての要件を満たしています。

同分野のプロジェクト

BECAMEX ホテル

Becamex IDCは現在トゥヤウモット市およびビンズン新都市にホテルを2つを所有・管理しています。

ベカメックス東急による商業プロジェクト

ベカメックス東急株式会社(ベカメックス東急)は、東急電鉄とベカメックスIDC株式会社の合弁会社であり、2012年3月に設立されました。これらは日本とベトナムの2大企業です。

BECAMEX商業センター

Becamex商業センターはBecamex IDC社とBecamex IJC社が投資した12,500平方メートルの5階で構成され、2011年9月1日から正式に稼働しました。

ベカメックス東急バスプロジェクト

ベカメックス東急バスプロジェクトは、ビンズン新都市の住民に多くの利便性をもたらし、住民がトゥヤウモット市や他の周辺地域と簡単につながることを目的として、2014年2月に設立されました。