BECAMEX商業センター

Becamex商業センターはBecamex IDC社とBecamex IJC社が投資した12,500平方メートルの5階で構成され、2011年9月1日から正式に稼働しました。

ビンズンで最初の商業センターであり、多くのショッピング-飲食-アミューズメントサービスを1つの目的地に統合し、高品質の国内外の有名なブランドの男性と女性のファッション製品や子供用ファッション、化粧品、履き物, 家庭用品を販売する約100のブースを備えています。更に、こどもの遊び場、スーパー、フードコート、語学教室もあります。

Becamex 商業センターの誕生は、消費者に選択肢をもたらし、モダンで便利な空間で購入してエンジョイする機会を提供することを目指しており、国民の生活の質の向上に貢献しています。

同分野のプロジェクト

ベカメックス東急による商業プロジェクト

ベカメックス東急株式会社(ベカメックス東急)は、東急電鉄とベカメックスIDC株式会社の合弁会社であり、2012年3月に設立されました。これらは日本とベトナムの2大企業です。

会議・展示センター

ビンズン省の中央行政センターの隣に位するビンズン省会議・展示センターは面積が13,859.4m2であり

ベカメックス東急バスプロジェクト

ベカメックス東急バスプロジェクトは、ビンズン新都市の住民に多くの利便性をもたらし、住民がトゥヤウモット市や他の周辺地域と簡単につながることを目的として、2014年2月に設立されました。

BECAMEX ホテル

Becamex IDCは現在トゥヤウモット市およびビンズン新都市にホテルを2つを所有・管理しています。