BECAMEX社会住宅

概要 >> プロジェクト >>都市 >> BECAMEX社会住宅

BECAMEX社会住宅

2011年から2015年の期間にBecamex IDCが投資したビンズン省の社会住宅プロジェクトは、トゥヤウモット市3か所とトゥアンアン、ジーアン、ベンカット、タンウエンの220Haの計画地で37の社会住宅プロジェクトを実施しました。24万8,000人以上の宿泊施設として総建築面積270万m2となる102,000戸のアパートを建設しました。社会住宅は都市部や工業地帯内の便利な場所に建てられており、これらのアパートは5階建てで、複数のブロックから成っています。科学的に設計された快適なアパートは、30m2のアパートメントを60m2に簡単に交換する事ができ、学校や病院、スポーツ文化施設、公園など省が投資した施設を使う事ができます。

Becamex社会住宅のプロジェクトは、建設の方法により販売や賃貸があり、分譲アパートの隣には賃貸アパートも建てて、人々の多様なニーズを満たす事ができるようにしています。このプロジェクトは労働や人口、住宅要求の状況に基づいて、地域に37か所のエリアに社会保障住宅が建設されます。現在、40,000戸を超えるアパートが使用されており、地域の人々や企業のニーズを満たすために次のフェーズの実施を加速しています。

BECAMEX社会住宅

 

 

同分野のプロジェクト

ビンズン新都市

ビンズン市の中央行政センターは行政改革に焦点を当て、人々により効果的なサービスを提供しています。

BECAMEX シティセンタープロジェクト

ベカメックスシティセンターのプロジェクトを確実なものとするために、Becamex IDCはプロジェクトに参加する2つのパートナーを選択しました。

東急ビンズン都市

Becamex東急株式会社(BECAMEX TOKYU)は、東急電鉄とBecamex IDC Corporationの合弁会社で2012年3月に設立されました。これらは日本とベトナムの2大企業です。

エコレイク・ミーフック

エコレイク・ミーフックはビンズン省ベンカット町にエコロジカルなオアシスとして設計された都市エリアです。