BECAMEX シティセンタープロジェクト

概要 >> プロジェクト >>都市 >> BECAMEX シティセンタープロジェクト

BECAMEX シティセンタープロジェクト

ベカメックスシティセンターのプロジェクトを確実なものとするために、Becamex IDCはプロジェクトに参加する2つのパートナーを選択しました。

1/ Apave Group(フランス)はプロジェクトマネージメントのコントラクターで、全仕事の質を監督します。
2/ Savills Group(香港)は、工事が完了して使用される際の建物の管理と運営の専門業者です。

これらは世界中の多くの国でBecamex City Centerのような大規模コンプレックス案件で成功した、大規模かつ専門的で経験豊富な企業です。

進捗に応じて操業ができるように、2011年9月1日フェーズ1:Becamexタワーオフィスビルが竣工し、中にBecamexトレードセンターが開設されました。その前には2010年初頭にニューホライズンの高級マンションが竣工されました。

  • Becamex Towerオフィスビルは、商業センター、事務所、賃貸オフィス、レストラン、バーなどを含み、高級で快適、安全な設備を装備した近代的な建物です。
  • ベカメックストレードセンター(ベカメックスデパート)は、ビンズン省で最初の標準的で豪華、快適な商業センターです。Levi’s; adidas; Kappa; Shiseido; Bourjois; L’Occitane; Clarins; Valentino Creations; John Henry; N&M; Triumph; Vera; Minoshe; Jockey; Disneyなどのブランド品を扱う100店舗近くが1階から5階までの面積12,500 m2にあり、買い物や食事、学習や娯楽のサービスを総合的に提供しています。

トゥヤウモット市ビンズン大通り230番地にあるBecamexタワーとBecamex商業センターの操業が開始されました。これは、Becamex IDC Corporationのサービスサプライチェーンの構築に大きな意味を持ち、 消費者にとっての新しい選択肢であり、ショッピングと遊びがモダンで便利な「many in one (1か所にいろいろなものがある)」の空間で、ビンズン省だけではなく近隣の省の人々の生活の質の向上と社会的利益の実現に貢献しています。

同分野のプロジェクト

東急ビンズン都市

Becamex東急株式会社(BECAMEX TOKYU)は、東急電鉄とBecamex IDC Corporationの合弁会社で2012年3月に設立されました。これらは日本とベトナムの2大企業です。

BECAMEX社会住宅

2011年から2015年の期間にBecamex IDCが投資したビンズン省の社会住宅プロジェクトは、トゥヤウモット市3か所とトゥアンアン、ジーアン、ベンカット、タンウエンの220Haの計画地で37の社会住宅プロジェクトを実施しました。

ビンズン新都市

ビンズン市の中央行政センターは行政改革に焦点を当て、人々により効果的なサービスを提供しています。

エコレイク・ミーフック

エコレイク・ミーフックはビンズン省ベンカット町にエコロジカルなオアシスとして設計された都市エリアです。