バンコク銀行と37タイ会社がビン ズンに投資機会を検討に来た 

08.04.2011

2011年4月7日、バンコク銀行の高級副主席 タラボデ セルヌグ アディチャイヴィト氏は37タイ投資者と同行し、ビン ズンに投資機会を検討に来た。派遣団は総会社べカメクスIDCと会談し、ミ フォク工業団地及びバウ バング工業団地並びにビン ズン工業・サービス・投資連合団地を見学し、相棒を探すためにビン ズン新都市のベトナム会社と面談した。

投資機会を探しているタイ会社団をビン ズンに招待した在ベトナムバンコク銀行の高級副主席兼最高経営責任者 タラボデ セルヌグ アディチャイヴィト氏は  タイに生産費(人件費を含む)が高いから東南アジアに投資活動を拡大しているタイ会社が多くなっていくと発表した。

一方、国内市場と外国市場が大きで特に低い給料のベテラン労働者があるベトナムはラオスやカンボヂア及び他の東南アジア国より注目されていると言った。

バンコク銀行は現在ベトナムへ進出したい1000会員のタイ会社以上もあるが、最初段階には37タイ投資者だけをビン ズン、ドン ナイ及びホーチミン市に招待に来た。

これらはほとんど多分野に活動している中小企業で主に工業生産分野に活躍している。

現在、ベトナムに投資する国の中ではタイが第十番に位置し、5,8億ドル以上の244件を展開している。SCGやCPなどのタイの大手会社はベトナムに若干のプロジェクトがある。

今後、バンコク銀行は投資環境を検討するために引き続きタイ会社をベトナムに招待することを続けて、ベトナムへ進出するタイ会社を援助するよう対策を検討することになる。

tt1

総会社べカメクスIDCと面談するタイ会社団

tt12 

ベトナム会社と面談するタイ会社

tt13

ミ フォク工業団地のタイ株式会社を見物


著者


Bài viết liên quan

東部国際大学・人材育成の国際規格

2011年9月に、(EIU)東部国際大学はビン・ズオン新都会で最初の学年を開講した。、国の工業化と近代化のプロセスを提供する高品質な人材を満たし、実際に関連付け、国際規格の教育の目的は、EIUが父兄と学生の関心をもらった。でも、新学年に、EIUは2011-2012学年の奨学金のための200億ドンを費やし、留学生のアメリカでの研究のように多くの実用的なプログラムを行った。

Yongho Vina建設有限責任会社の工場除幕式

Yongho Vina Steel工場は500万ドルの投下資本を持って、YONGHO VINA建設有限責任会社の5 町歩で、1.5 町歩を占める。

ビンズオン新都市の建設起工

 4月26日の晩、ビンズオン省の人民委員会はビンズオン新都市の建設起工式を開催した。

第3ミーフォック工業団地・ベトナムヒートメタル川崎有限会社の建設起工

2011年06月22日、ベトナムヒートメタル川崎有限会社は、ビンズオン省のベンキャット県の第3ミーフォック工業団地で、工場の建設起工式を開催した。ベトナムヒートメタル川崎会社は7,777平方メートルの面積に建設され、450万ドルの投資資金で、工業団地の第105番目の投資家です。これは設備のトレー、バスケット、金属熱処理などの熱的処理システムに関する金属部品を生産するプロジェクトである。1年に当たり2.400.000kg の金属の熱処理で1000個の設備の生産能力を持つ。

ビンズオン省はトゥーザウモット市を営繕するための1百万USD以上の契約書を締結しました

昨日 (11月13日), フランスのフランソワ・フィヨン(Francois Fillon)首相がベトナムの訪問をきっかけにしてハノイで行われたベトナム・フランス企業討論会でフランスのフランソワ・フィヨンFrançois Fillon首相と政府常任副首相グエン・シン・フンの面前でビンズオン省はAREP Villeカルテルとトゥーザウモット市の都市区画と交通ネットワーク営繕企画の契約書をしました。