ビンズォン省は在外国ベトナム公館にて投資促進役員と投資促進経験を交換する協議を主催する。

27.12.2010

 

tt30
協議のシーン

tt35

企画・投資省の海外投局のドウ・ニャット・ホァン局長が協議にて発表すること。

tt3

ビンズォン省人民委員会のチャン・バン・ナム副会長がオープニング・スピーチをすること

1227日付、ビンズォン新都市において、ビンズォン省は投資促進経験交換の協議を主催すること。企画・投資省、海外投局のドウ・ニャット・ホァン局長、ドイツ、フランス、韓国、日本、台湾、アラブ、サンフランシスコ 米国、ワシントンDC  米国、シンガポールにおける在外国ベトナム公館の10名、企画・投資省の海外投局の役員、専門委員が主席し、経験を交換した。

 

tt31

協議に主席したのはビンズォン省人民委員会のチャン・バン・ナム副会長、企画・投資局、外務局、商工局の指導者、ビンズォン省における各工業団地の管理委員会、VSIP工業団地の管理委員会、Becamex IDC総会社、企画・投資局、投資促進センター、南部における20省の工業団地管理委員会、輸出加工区管理委員会の代表者である。

 

海外投資局の評価によると、第湾、日本、韓国などのベトナムに進出するパートナーの経済状況はよくなって、ベトナムがまだ投資地である。しかし、ベトナムについての好感が投資家に対して、だんだんなくなっている。

 

台湾におけるベトナム経済・文化部、投資担当するブイ・チョン・ディン主任補佐によると、台湾の経済状況は良くて、2010年に見込みのGDP成長率がこの11年間に一番高い10%を達成すること。そして、よろしいことには台湾投資協会はベトナムに進出することを高く評価することで、Formosa, Chinphon, CT&D…などの台湾の世界的な投資家がベトナムにもう進出した。

ほとんどの投資家は生きても死んでもベトナムと一緒だと決めた。事業を広げるするだけでなく、他の企業を引っ張るである。しかし、ベトナムに投資を誘致し続けるため、魅力及び競争力を向上しないと」と、デイン氏が協議で発表した。デイン氏によって、この2年間に、台湾の投資家はベトナム経済が毎年成長していますが、質がまだまだこれからだと気づきはじめます。「ベトナムのマクロ経済を管理することがまだ安定しなくて、インフラが2桁である。それはベトナムに進出する台湾の投資家の願望に多少影響する」。台湾の投資家によって、スキルワーカの不足も問題になっています。Chinphonグルプのカウンセラーによって、これはこの2年間の弱点で、台湾の投資家はベトナムのかわりに、中国に進出すること。

 

それ以外に、今まで、台湾は最大な投資家ですが、ベトナムは他の国の競争力を与える。201006月に、台湾は中国と経済協力協定を署名した。従って、中国は台湾に500つの製品を免税して、そして、逆に台湾の方も、180200つの製品を免税する。経済協定の目的は自由貿易で、中国に進出する企業によい環境をあたえること。

 

グン・ティ・ミン・ヒェン氏、在韓国ベトナム大使館の投資カウンセラーの意見によると、ベトナムと韓国との関係がかなり良いです。現在、韓国人の100.000名がベトナムで働く、生活をすること。「そのために、ベトナムの弱点をよく把握し、収めないです。たとえば、停電の問題について、ベトナム方の解決を知ってほしい」。

 

韓国の投資家も労働募集のことについて、心配している。韓国のSamsungグルプはベトナムに進出してから、裾野産業の企業を引っ張りましたが、現在、その企業に労働者が足らない。訓練する経費を支払っても、労働が不足です。

 

 

 

tt32


 

ヒェン氏によって、現在、ベトナムの物価は中国にくらべて、安いです。それで、韓国投資家は中国から、ベトナムへの投資を切り替える傾向がありますが。韓国企業同士にはベトナムにて停電・労働不足などの問題についての話題で伝えます。それは韓国の投資家を誘致するに、ベトナムの大きな障害になっています。

 

海外投資促進局のドウ・ニャト・ホァン局長は投資家に応じて具体的な支援するために、各地方に企画・投資省と協力するように呼びかける。ホァン氏によって、Nokiaのある指導部はベトナムに投資する予定ですが、携帯電話を製造する企業に優遇な税関がないベトナムの現行法律を知ってから、躊躇います。

 

同日の朝に、在海外ベトナム公館の投資家は工業団地インフラ整備の分野における高く評価されて、海外投資の誘致に良いやり方のある工業投資・発展総会社Becamex IDCを視察しています。


tt33

 tt34

 

在海外ベトナム公館の投資家は工業投資・発展総会社Becamex IDCを視察しています。


 

Bài viết liên quan

工業団地における労働者向けの“ベトナム人がベトナム歴史を把握”というコンクール

9月30日にミー・フォック工業団地において“ベトナム人がベトナム歴史を把握”というコンクールの開催委員会である投資サービス諮問株式会社(Becamex ISC)はミーフォック工業団地と隣近所に働いている青年に受賞した。

BecamexIDCカップ競争2011年 第12回(2011年10月10日)ビン・ズォン省の映像国際サッカー競技開幕式

恒例として毎年の10月に ダット・チューサッカーファンはビン・ズォン運動場に向かってビン・ズォン映像国際サッカーという省の伝統的な競技を迎えた。今年の最新点は11年連続のタン・ヒェップ・プァット組合の代わりに、BecamexIDC総会社が主な出資者になったのである。また、この競技は他の出資者も援助して、スポーツ活動における社会化を表す。新しい名称で、BecamexIDCカップ競争2011年 第12回 ビン・ズォン省の映像国際サッカー競技が新しい外見と新しい活力をもたらした。

ビンズオン・新しい市は6月5日の世界環境日に呼応した。

6月5日、午前、6月5日の世界環境日に呼応して、ビンズオン新しい市で会合を行った。ベトナム国戦線中央委員会副主席であるレ・バ・ティン氏、ファン・環境局総局長副であるズオン・テゥン氏、ホーチミン市での資源環境省代表であるレ・デゥク・ハーン氏、ビンズオン県人民委員会委員長副であるツァン・ヴァン・ナーン氏、部・会・団体の指導者、会社の指導者、及びビンズオンの役員、社員、団員、学生、人民である5000代表は臨席した。