ビンズオン新都市が投資金額の12億ドルの2つのプロジェクトを着工した。

08.03.2012

社会住宅開発のプロジェクトは規模の220ヘクタール、投資資本は10.830億兆ドン、Becamex有限責任会社によって投資したのプロジェクトである。「Tokyu Binh Duong Garden」の71ヘクタールというプロジェクトは日本の現代的な都市で、Becamexグルップと東急グルップはBecamex Tokyu有限責任会社に創立するように協力し、投資資本は1,2億兆ドルである。このプロジェクトは都市中心に実現され、便利なのあり位置、将来のビンズオン新都市の中心である。

ビンズオン省人民委員会長のレ・テャン・クン氏は「投資証明書の手渡とTokyu Binh Duong Garden Cityというプロジェクトの起工式は海外投資の誘致に関する重要な意味があり、急速で強固な経済開発の目安を向かうための人民の生活質を向上する。ビンズオン省は都市開発のプログラムと計画を作成し、質量サービスを開発する。その内に、投資家と人民の需要を応答したり、ビンズオン省が現代文明都市及び環境と親しくなる都市になる事に貢献したり、都市中心、サービス、高級商業の建設を集中する」と述べた。

City garden

ビンズオン省の 突破開発

近年では、ビンズオン省の経済は全国の割りに急速に成長してきている。一般的に主要な経済地域と特に、ビンズオン省の要件はこの開発速度を維持するために必要な条件を構築し続ける。その内に、経済構造の比重を向上される必要である。主要な経済地域の企画と交通システム結合の要求を発生し、将来の多くの運送の需要を満たすために、ビンズオン省と南方における主要な経済域の域内及び地方の交通プロジェクトはビンズオン省、特にベトナム政府が感心され、Becamex社長兼責任者のグエン・ヴァン・フン氏は当社とベトナム国は早急にこれを行うと述べた。ビンズオン省は経済開発の条件を作り、持続可能な開発は継続するためにハイテク産業を援助を注意し、特に裾野産業の開発を優先している。その上で、人材の育成は非常に面白かって、地方の人民に技の巧拙と物質・精神の生活を一歩一歩に向上するのは関心され、激烈に現実されている。

ビンズオン新都市の中心は早急に建設

ビンズオン新都市の中心はBecamex IDC が投資家として1.000ヘクタール企画された。この建設投資は地方の都市システムの同期の開発に貢献し、2020年に中央直轄都市になっている。交通インフラは新都市中心間の他地方と経済的な南方と結合するために完全に建設される。光ファイバで電気、水道、電気通信 – ITなどの提供の技術インフラは世界との結合の要求に応じるために設計されている。中心公園、共、同的な運動所、幼稚園レベルから高等、大学への教育機関は建設され、運営されている。

特に、政治・行政をこの地域に建設されるには、新時代のビンズオン省の開発のシンボルとなって、サービスと高度な技術のすべてを集中発展されるために、地方の突破を作成した。地方の行革には、人々は親しくて効率的な政治と行政の管理業に接近しやすいで、市政の行革に強固な突破を作成、明白で急速で現代的な行政に向かい、これもハイレベルの経済活動と国際交流を強固に推進する要素になっている。

その上で、Becamexは文化センター、展覧所、商業センター、金融センター、銀行、事務所、レストラン、ホテルなどの衛星事項の投資を誘致する。以上のすべての作業はビジネス開発の提供のために、人々や企業の需要を満たすように最高環境を作成する目安である。

Becamex B1_View_Rear

ビンズオン・東急の都市のプロジェクト

ビンズオンBecamexと東急(日本)のグルップは二つの多業界の開発の大きな企業で、特に、インフラ整備や都市開発における様々な分野での能力と運用経験がある。ビンズオン省の新都市における複雑な都市と商業サービスのプロジェクトの建設を投資するための二つの企業間の協力は地域の発展計画に応じる急速な都市開発を作成し、正に効率な投資方である。Becamexと東急結合はBecamex東急有限責任会社に設立され、投資資本は2万5千億兆ドンで、ビンズオン新都市のあり1千ヘクタールの面積に位置する71ヘクタールの面積を利用する予定である。その内に、“Tokyu Binh Duong Garden City”のプロジェクトはアパート、住宅、アミューズメント、商業と事務所などを7,500件含む。当社は新都市の質量を向上したり、そこに住んでいる長期的な住民の生活を目安する都市開発をしている。

越村敏明Toshiaki Koshimura氏は「東急グルップは経た年間の成果に基づいて、 “Tokyu Tama Denen”都市のプロジェクトにとって、東急グルップの網システムを能率に運用し、ベトナムの都市開発技術を最初の輸出するとして日本の会社である。当社はビンズオン省が2020年に中央直轄都市になって、ビンズオン省の規模と一致するように街の性能と質量を構築するために全力を捧げることを確約している」言った。Becamex責任者のグエン・ヴァン・フン氏は、地方に直ぐ行わければならないことはビンズオン新都市の残った工事の建設を投資誘致し続けるために力を貢献sるようにBecamex Tokyu株式会社と協力すると強調した。

city garden2

フン氏は、我々が選択された「日本スタイル」は重要で格別な合点で、ビンズオン東急都市は親しい生活環境の要求を満たすだけではなく、経営環境、展示とグローバルな貿易接続を作成するために選択される地域ができる。当社は生活・勤務環境を建てるだけではなく、従業員と従業員の家族が理想的な育成環境と国際良質を楽しむ場所であると述べた。
Becamex―東急の目標は将来に共同で都市中心の構築で、美しい風景、生活サービスユーティリティーを作成するだけでなく、近代的な等級、強固な開発に応じるスタイルと文化を定義することである。

ビンズオン・等級都市の建設は共同や各企業や投資家からの格別的な配慮を受ける。そのことはビンズオン新都市の強固的な開発に貢献する。Pong Kok Tian氏・ホーチミン市在シンガポール共和国の総領事館も、ビンズオン省に行政手続きの改革を能力し、外国投資を誘致するするように条件を良く作成し、ビンズオン新都市に急速に開発するためのインフラの構造体を改善することを高く評価する。

2つのグルップの経験と共に金融能力で、ビンズオン・等級都市建設プロジェクトの以外に、双方は本都市の開発重要にサービスするための他のプロジェクトを展開するように研究し続ける。

garden city_3

等級ような新都市開発の経験を持つ主要なパートナーとの協力は、新都市の建設をより早く実施し、ビンズオン省は中央直轄に早々になっていることを助ける。

ビンズオン省の人民委員会長のレ・テャン・クン氏は、「Tokyu Binh Duong Garden City」のプロジェクトは社会経済に関する重要な意味を持って、経済構造の移転に貢献し、都市の開発、将来に地方のサービスを推進すると強調した。

次のプロジェクトへの投資を求めるための研究を続ける。

Becamexと等級はインフラと新サービスが良くあるので外国投資の誘致に関す飛躍を作成するように地方の産業開発の地域における衛星都市の建設のため研究し続ける。フン氏は、ビンズオン省とのホーチミン市との南方における主要な経済地域を接続するバスや 電車などの公共交通機関を調査・計画・建設し続けると述べた。

等級会社の越村敏明社長の発表


ビンズオン新都市の印象
1964年に、日本の等級田多摩園都市は荒れると旧式の都市で、等級会社のお陰で、現在のように現在文明となっている。48年前に等級多摩田園都市の開発プロジェクトからの都市開発の経験を蓄積し、我々は、ビンズオン省はこのような良い条件に、プロジェクトの時間を短くなるために非常に便利であろうと信じて、2020年にビンズオン新都市は偉大な都市に発展する。
不動産業と都市開発に加えて、等級グルップは現在バスとの電車のシステムだけでなく、高級スーパーマーケットや小売やホテルやリゾートサービス、情報技術やセキュリティなどを開発している。越村敏明氏はBecamexとの協力、段階に応じて都市開発と便利で現代機能の都市開発のために上記の述べた開発事業への投資しつづける

ボックス

ホーチミン在日本国総領事館の春蜜飛騨「Hida Harumitsu」氏の発表:


「ベトナムと日本の戦略パートナーシップは何時までも向上されて、ビンズオンと等級が投資によって「Tokyu Binh Duong Garden」のプロジェクトの起工式は大変光栄なイベントである。」日本では、等級会社は鉄道事業の経営だけでなく、「都市の生活スタイルのためのビジネス」を通じて付加価値の高い地域社会に貢献する。消費者に「安全、安心、便利、そして喜び」など値の要求を与える。今回、ビンズオン省に新都市開発の投資で、私は、等級会社はベトナムの経済開発に貢献し、本土に日本の「良いビジネスの実践のモデル」となっていると信じている。

Bài viết liên quan

東部国際大学とポートランド大学との持続可能な開発の目標のための全面的な協力

東部国際大学(以下EIUという)の9月に開講する最初のコースとともに、育成分野におけるEIUおよびポートランド大学(以下PSUという)との全面的な協力は現在、両親・学生の関心の問題である。それによって、社会の高い質の人材要求を満たし、自分自身を向上させるために、国際的なレベルで、新しい育成方法へのアプローチできるように新学生に向け多くの機会をもたらす。

東部国際大学・人材育成の国際規格

2011年9月に、(EIU)東部国際大学はビン・ズオン新都会で最初の学年を開講した。、国の工業化と近代化のプロセスを提供する高品質な人材を満たし、実際に関連付け、国際規格の教育の目的は、EIUが父兄と学生の関心をもらった。でも、新学年に、EIUは2011-2012学年の奨学金のための200億ドンを費やし、留学生のアメリカでの研究のように多くの実用的なプログラムを行った。

ビンズオン新都市の建設起工

 4月26日の晩、ビンズオン省の人民委員会はビンズオン新都市の建設起工式を開催した。

バンコク銀行と37タイ会社がビン ズンに投資機会を検討に来た 

2011年4月7日、バンコク銀行の高級副主席 タラボデ セルヌグ アディチャイヴィト氏は37タイ投資者と同行し、ビン ズンに投資機会を検討に来た。派遣団は総会社べカメクスIDCと会談し、ミ フォク工業団地及びバウ バング工業団地並びにビン ズン工業・サービス・投資連合団地を見学し、相棒を探すためにビン ズン新都市のベトナム会社と面談した。

ビンズオン・等級都市の起工

サイゴン経済タイムオンライ)3月2日に、三菱東京UFJ銀行(日本)はビンズオン新都市のあり12億ドル米の資本の都市投資プロジェクトの実施のためにBecamexIDCと等級グルップと結合するBecamex・等級有限責任会社に資本を融通することを公開した。