ビンズン省は典型的なスマートシティのリストに載りました

30.10.2018

世界インテリジェンスコミュニティフォーラム(ICF)は、2019年に典型的なスマートシティ開発戦略(スマート21)を持つ都市として認識される21都市のリストをリリースしました。

インドのホラシス2017フォーラムでのディスカッションセッション-写真:TUAN DUY

ICFは都市の評価とランキングは、定量的および定性的指標を含む多くの基準で考慮されると述べました。都市のスマートシティ構築戦略の評価は、国際比較、コミュニティ経済の競争力、社会文化を考慮して、ICF専門家チームによって客観的に実施されます。

開発インフラ

トゥダモット大学の学生は、美しい菜園を建設するというアイデアをモデル化しています-写真:TUAN DUY

ICFのリストに入るためにはビンズン省は多くの厳しい基準を満たさなければなりません。 通常ICFによって評価されるブロードバンドインターネットの基準は、経済発展に対する重要性を評価しており、それはきれいな水や交通機関などと同様です。ビンズンは現在幅広くインターネットケーブルシステムを構築しています。省の工業団地は全て銅ケーブルを廃棄して、光ファイバーケーブルを使用しています。さらに、ICFは知識労働力、イノベーション、デジタルテクノロジーにアクセスする際の平等などの基準も評価し、都市のランキングを評価します。

米国ニューヨークに拠点を置く世界インテリジェンスコミュニティフォーラムは、世界中の180以上の都市を結ぶグローバルネットワークです。ビンズン省はランク付けされ、公式に世界のスマートシティのメンバーになりました。多くのメンバーは非常に先進的な都市であり、それは多くの協力の機会をもたらし、より多くの投資を省へ誘致すり事を助けます。

「スリーハウス」間の結束

ビンズン省の「スマートシティ」開発戦略については徹底的に研究され、非常に真剣に言及されています。ビンズン省の省党委員会と人民委員会は、政府、教育機関、企業から成る「スリーハウス」間のリンクが主要な柱となる「スマートシティ」を建設するプロジェクトを承認しました。

これはビンズン省が学んだモデルであり、研究はオランダのアイントホーフェン市の「スリーハウス」モデルに基づいています。ビンズン省の「スマートシティ」スキームは、企業と大学の両方がアクティブかつ積極的に取り組んでいます。中でもBecamex IDC 社は、省への投資を誘致しインフラを開発しており、「船長」としての役割で引き続き貢献しています。大学、特に東部国際大学は教育の場所としての役割だけでなく、省の発展政策と投資イメージの向上への貢献をしています。政府-教育機関-企業がビンズン省のように平等に開発スキームの役割を促進するのは珍しいケースです。

ソース: https://binhduong.tuoitre.vn

Bài viết liên quan

ビンズン省の新しいブレークスルー

社会経済開発の「近い側」という特定の目的に関連した「スマートシティ」を開発するプロジェクトの建設により、多くの専門家がビンズン省を評価して、ブレークスルーをする機会があり、長年にわたる投資誘致の質を変化させる機会があると述べています。 ビンズン省党委員会書記長チャン・バン・ナム氏が語りました: -政府・教育機関・企業の連携の構築、科学技術工業団地の開発、コンテナーの鉄道輸送などが、ビンズン省の「スマートシティ」開発のプロジェクトです。このモデルはビンズン省のリーダーや企業、人々の全世代の願望を表現する方法です。 スマートシティスキームの内容は、省党大会の決議を具体化する1つのステップです。社会経済インフラ開発への投資を継続するための全ての経済セクターからの資源の動員と促進、文明の方向への都市開発、豊かで美しい人々の生活の質の向上、新時代の開発ニーズを満たすリーダー、マネージャー、科学技術スタッフ、労働者の質の向上、産業および都市開発のための高品質のサービスの構築の継続など、ビンズン省党委員会によって承認された4つの画期的な行動計画に関する決議を具体化していく事です。 貿易黒字の省 第10回地方党大会(2015〜2020年)の任期中期には、多くの困難と課題を認識していましたが、目標が達成されて、多くのターゲットが計画を超えた時は興奮しました。 典型的な工業開発は長年にわたってビンズン省の「ブランド」になっています。省の工業は平均成長率9.6%(目標成長率は8.7%)の高い成長率を継続的に維持しており、それによって他のセクターや経済セクターを促進しています。ビンズン省は「約束の地」である事を誇りに思っているだけでなく、世界中の人々が働き、生活するための雇用機会を創出しています。省の生みだす価値は、南部主要経済圏と国全体の発展に継続的に積極的に貢献しています。通常ビンズン省は「貿易黒字」省であり、2016年、2017年、2018年上半期の総貿易黒字は124億米ドルに達しました。 良好な投資環境とオープンなポリシーは、ビジネスコミュニティと従業員に信頼と興奮をもたらします。ビンズン省には約3,500の外資系企業(FDI)と数万の国内企業があります。 経済発展は人々の生活に前向きな変化をもたらします。ビンズン省は国家基準によると貧困世帯のない最初の省です。省当局は引き続き労働者の世話をするための多くの政策と解決策を持っています。 ビンズン省の社会住宅開発プログラムは、経済セクターの投資を集めており、これまでに25案件の社会住宅が使用されており、総床面積は数十万m2になっています。また約200社の企業が、約27,000m2の総面積を持つ労働者用の住宅を建てるために投資しています。 新しい方向 近年のビンズン省の結果は非常に重要で爽快です。ビンズン省は引き続き成果を継承及び促進し、省の発展のための新しいブレークスルーを作りだすソリューションを持つようにします。 例えば、前の時代にはビンズン省は工業団地を開拓した先駆的な省の1つであり、「レッドカーペット」は投資を呼び込み非常に成功しました。しかし今では、他の多くの省が独自の利点を持つ産業を発展させてきました。従ってビンズン省は常に競争力を高めるために新しい方法を考え、探求し、より深みと品質のある開発を続けています。 ビンズン省が目指している典型的な投資誘致は、高い付加価値を生む科学技術関連です。省が「スマートシティ」プロジェクトで開発しようとしている科学技術工業団地もそのためです。さらに持続可能な発展のために、ビンズン省は常にインフラをホーチミン市や近隣の省に接続するようにしています。 多くのインフラプロジェクトは国家が指導してきましたが、企業参加型インフラプロジェクトが接続を確立するためにビンズン省で実施されてきました。スマートシティスキームの「スリーハウス」モデルの精神で、省は発展の問題を抱え込まず、科学者や企業を引き付けて参加させるための戦略や」政策、メカニズムを提案し、発展の問題解決に貢献させます。 人的資源と人材問題は開発の重要な要素です。ビンズン省には大学や職業訓練校を開発したり、才能のある人を引き付けて奨励したり、医師の訓練などの政策があり、それによりリソースを創造し、省の発展に貢献しています。 人材の強化 最近ビンズン省は多くの重要な指導的地位を強化しました。 グエン・ホアン・タオ氏はビンズン警察署長官から省党委員会の常任副書記官に選出され承認されました。ヴォ・ヴァン・ミン氏はトゥヤウモット市党委員会事務局長から省人民評議会の議長に選出されました。さらに省警察やトゥヤウモット党委員会などの多くのリーダー新たに選出され、規則に従って補充されました。 リソースを動員するメカニズムの創造 チャン・バン・ナム氏によると、過去にビンズン省は特に重要な外部地域の輸送プロジェクトのために、交通インフラ開発への多くの投資方法で、多くの社会的資源を動員し、惹きつけてきました。 省は国道と州道および地方道路の間の合理的な接続を優先し、南部主要経済圏の国家輸送システムと同期を取るようにしています。 典型的なプロジェクトは次の通りです。ミーフック-タンバン道路。 トイアン橋;トイアン橋から省道748号線への道路(ホーチミン市第4の環状道路の一部となるプロジェクトです)。ドンナイ省と調整してバクダン橋2の建設(ビンズン新都市と接続し、バクタンウエン-フーヤオ-バウバン道路をドンナイ省と接続)。タイニン省との連携の投資による6車線の道路と橋;ビンズン省ヨウティンからサイゴン川を渡りタイニン省ズンミンチャウへの接続。 これらのプロジェクトは、以前投資された外部接続輸送工事(国道13号線、省道741号線、省道743号線、省道747号線、省道744号線、トゥビン橋、ミーフック-タンバン道路など)と共に、省の社会経済発展に積極的な役割を果たします。