国家会議: 労働者向け住宅:状況と解決

18.10.2011

10月17日付、住宅政策及び不動産市場に関する中央運営委員会はビンズオン省ビンズオン新都市に建設省、ベトナム労働連邦とビンズオン省人民委結合し、「労働者向け住宅:状況と解決」に関する国家会議を行った。建設省兼住宅政策及び不動産市場に関する委員会の副長のチン・ヂン・ヅン大臣、ベトナム労働運営連邦のダン・ゴック・ツン主席、ベトナム祖国戦線委員会のブイ・ティ・タン委員長とビンズオン省の各指導者とは一緒に同会議を主催した。

nha o_cong_nhan

会議では議論された問題は下記の通りである。

  • 住宅政策に応ずない問題は改正する必要である
  • 労働者向け住宅の開発を促進するために解決方法、法的文書、新政策を提案し・発行する必要である。
  • 国内の経済状況だけでなく、各地域の実践的条件に応ずる開発住宅への投資モデルを提案し、文化施設と公共の福祉施設を提案する必要である。

建設省によると、住宅は生活必需品で、包括的で人間開発のための必要な条件で共に国家の発展のための人材開発のための決定因子である。工業化と近代化の過程に従って多くの工業団地が設立され、稼動した。現在までに、工業団地が260以上あり、自然の土地の総面積は7万200ヘクタール、内に借りることができる工業土地面積は4万600ヘクタールに達する。工業団地は170所以上稼動した。残りは補償し、敷地をクリアし、建設している過程である。ベトはナムの工業地帯には外系投資のプロジェットは約4000件、登録投資金額は33万6000億ドル以上に達する。ベトナム経済圏には国内外のプロジェットは700件、登録投資金額は536億ドルで、国内プロジェットは4400件、登録投資金額は33億ドルと330億ドン公募した。

予測によると経済国家発展結果では各工業団地に直接に勤務している160万の労働者と何百万人は大きく貢献した。2015年までに400万人、2020年までに600万人、その内約70% 省外からへの労働者は住宅需要がある。工業団地での住宅需要がある労働者は2015年までに約265万人、2120万平方メートルの家に相当、2020年までに420万人、3360万平方メートルの家に相当する。
実際、現在に工業団地では安定的住宅を持っている労働者はしか20%占めない。

実際の状況と労働者向け住宅需要の高まりに、「労働者向け住宅:状況と解決」に関する国家会議は省庁、建築と都市建設分野で経験有りの専門家からの熱狂的なコメントあり、本会議は事実は熱いフォーラムである。

Bài viết liên quan

Yongho Vina建設有限責任会社の工場除幕式

Yongho Vina Steel工場は500万ドルの投下資本を持って、YONGHO VINA建設有限責任会社の5 町歩で、1.5 町歩を占める。

第3ミーフォック工業団地・ベトナムヒートメタル川崎有限会社の建設起工

2011年06月22日、ベトナムヒートメタル川崎有限会社は、ビンズオン省のベンキャット県の第3ミーフォック工業団地で、工場の建設起工式を開催した。ベトナムヒートメタル川崎会社は7,777平方メートルの面積に建設され、450万ドルの投資資金で、工業団地の第105番目の投資家です。これは設備のトレー、バスケット、金属熱処理などの熱的処理システムに関する金属部品を生産するプロジェクトである。1年に当たり2.400.000kg の金属の熱処理で1000個の設備の生産能力を持つ。

東部国際大学・人材育成の国際規格

2011年9月に、(EIU)東部国際大学はビン・ズオン新都会で最初の学年を開講した。、国の工業化と近代化のプロセスを提供する高品質な人材を満たし、実際に関連付け、国際規格の教育の目的は、EIUが父兄と学生の関心をもらった。でも、新学年に、EIUは2011-2012学年の奨学金のための200億ドンを費やし、留学生のアメリカでの研究のように多くの実用的なプログラムを行った。

ベトナム投資開発銀行(BIDV)はべカメクスと協力、べカメクス廉価アパートの建設提案を展開

ビン ズンにべカメクス廉価アパートの建設提案の展開する進度を強化するために、投資開発銀行(BIDV)ビン ズン支社と投資・工業開発一員有限総会社とは2011-2015年段階の多面協力とべカメクス廉価アパート提案のクレジットプログラムの展開との合意書に調印した。

Yongho Vina建設有限責任会社の工場除幕式

工場の主な製品は、環境を汚染しない韓国の先進的な技術によって生産されている鋼管である。