多くのプロジェクトがホーチミン市、空港、港に接続しています

19.06.2019

政府と運輸省によって承認された地域経済計画に従って、ビンズン省は積極的に活動しており、多くのプロジェクトがホーチミン市や近隣の省や都市の空港や港などに接続しています。

My Phuoc-上から見たタンヴァン通り-写真:QUANG DINH

国道13号線から8車線への拡張:ビンズン人民議会は、ビンズン-ホーチミン市(トゥアンアン町ビンフー区のウェルカムゲートからトゥヤウモット市フーホア区レホンフォン通りの交差点までの区間)を結ぶ国道13号線の改良及び6車線から8車線への拡張プロジェクトを最近承認しました。ホーチミン市ビンズン方向の右側に2車線を追加し、歩道や街路樹、排水の技術インフラに投資します。

さらに国道13号線の交差点に2つの高架道路を建設するプロジェクトがあります。それはトゥアンアン町ビンホア区のオンボー橋とVSIP工業団地1の交差点で、プロジェクトの総予算は1,4000億ドン(土地買収コストを除く)以上で、 2019年から2022年までに実施される予定です。

ミーフック – タンバン道路は、ホーチミン市、空港、港との接続に役立ちます。これはビンズン省の2つの幹線道路(国道13号線と共に)の1つと考えられていますミーフック – タンバン道路は、使い始めると、常に多くの車やトラック、コンテナトラックで混みあい、交通渋滞が何度もありました。

ミーフック – タンバン道路はビンズン省の工業団地を結ぶだけでなく、ホーチミン市第3環状線と第4環状線とも繋がり、ビンズン省と新しいミエンドンバス乗り場、ベンタン-スイティエン都市鉄道駅、ロンタン空港、バリア-ブンタウの深海港など主要な輸送プロジェクトを結びます。

鉄道物流の画期的なソリューション

調査によると、ベトナムの物流コストはGDPの21%近くであり、EUの10%、日本11%、タイ18%をはるかに上回っています。フン氏によると、地域リンクで最も重要な「キー」の1つは、物流を改善し、接続を改善して地域サプライチェーンを形成して、国際市場での接続性と競争力を高めることです。

「我々は物流センター、大規模な物流網、輸送の時間とコストの削減など、南部主要経済圏の一般貨物輸送用の専用鉄道の研究を積極的に行っています。特に道路への圧力の軽減、渋滞、交通事故の削減、CO2排出量の削減、環境の保護などに貢献します。他国の経験から、これは実行可能で地域接続の非常に効果的なソリューションと考えられています。ただし、政府、省庁、地方政府からの直接的な支援が必要です。土地買収の補償、鉄道建設などのプラットフォームを用意し、企業がロジスティクスサービスを開発するためのメカニズムを作成する必要がある」と グエン・バン・フン氏は述べています。

ソース: https://binhduong.tuoitre.vn

Bài viết liên quan

VSIPクアンガイ-投資家にとって「良好な土地」となります。

ビンズン省は投資を誘致し工業及び都市開発に成功した経験から、ベトナム全国での多くの省に協力してきました。それはクアンガイ、ゲーアン、バクニン、 ハイフォン等のVSIP、ビンフック省におけるベカメックス・ビンフック工業団地などです。 短期間の開発の後に積極的な変化があります。例えばVSIPクアンガイ工業・商業・住宅複合開発は初めてビンズン省が他の県と協力したプロジェクトとなりました。 投資家が多い ソンティン区にあるVSIPクアンガイに戻る時、私たちはいつも賑やかで繁栄している景色を見ます。朝早く或いは夕方には数千人の労働者が工場から出入りしています。 2013年以前はティンフォン町(ソンティン区)の土地は貧しく、稲の収穫シーズンを2回失われた事もあり、土地は荒れて、人もまばらに住んでいるような状態でした。南部及び北部でのプロジェクトを成功した後、VSIPはクアンガイでの可能性を判断し、中部で近代的な工業と都市の複合開発のモデルの建設を行いました。当時の記者の資料によれば、中央政府からの積極的な支援政策によりクアンガイ省の指導者たちは、VSIPのテナント様を満足させてこの地で留まってもらえるように、実用的で迅速かつ具体的なコミットメントを持っていました。 最近VSIP クアンガイは、ベルギー、シンガポール、日本、韓国、米国から3億2,100万ドルの新規投資を受けました。新しい投資プロジェクトは、Bekaert Vietnam(Belgium)によるスチールファイバーの製造、Gesin Vietnam(韓国)によるマットレスの製造、 Happy(シンガポール)による家具製造工場、 ホヤレンズベトナム(日本)のレンズ製造などのハイテク産業も含まれています。 Bekeartの副社長のLieven Larmuseau氏は、第1段階としてVSIP クアンガイの工場で2020年に約75,000トンのスチールファイバーを生産すると述べました。Lieven Larmuseau氏は、戦略的地理と豊富な若い人材が、この地域と世界のタイヤ産業の主要顧客の発展をサポートする鍵になると言いました。 ビンズン省での経験と同様に、クアンガイ省もテナント様が安心して投資できるように行政手続きのワンストップサービスを導入する事にし、専門のスタッフを派遣しました。投資手続き、事業登録、環境、イミグレ、労働、計画、建設、土地収用など全ての行政手続きはワンストップで解決し、チェックも最小限で済むようになっています。   トラン・ゴック・カン氏-クアンガイ省の人民委員会委員長 毎年投資機会を探求する何百人もの外国人投資家がクアンガイ省へ来ています。彼らの多くはVSIPクアンガイを長期的な生産の場として選んでいます。同時に国内外の投資家を引き付けるためにインフラ投資を行い、ここはズンクワット経済区とクアンガイ市の間を効果的につなぐ重要なハイライトの場所となりました。 工業団地以外にVSIPクアンガイは100Ha近くの都市開発のフェーズ1が完了し、インフラやユーティリティと共にVSIPの駐在員、労働者、地域の人々の住居の需要に応えています。 アンタイ地区(ソンティン区)に住んで履物産業の企業で働くホアン・ティ・ラン女史は、VSIP工業団地ができて以来、いろいろな工場が多くの地元の労働者を引き付けていると言いました。労働年齢の人々は不安定な農業で働かなくなりました。労働者の平均収入は700万VND /月です。残業をする場合は収入がもっと高くなります。仕事は家の近くで安定しているため、家庭生活が向上しています。 ソンティン地区人民委員会の副委員長であるファムドン氏は、VSIPクアンガイができてから開発地区の交通インフラに大きく影響し、都市景観がモダンの方向に徐々に変化していると述べました。特にVSIPは大量の労働者の問題を解決し労働者を訓練しています。 安定した仕事で収入のある人が増える事で、その地域に住む人々の生活は向上しています。それにより社会秩序と安全に良い影響を与えています。 VSIPクアンガイはいつもクアンガイ省の長期的な社会経済発展において、省政府と人々に密接かつ責任あるパートナーになりたいと望んでいます。これらの目標はいくつかの短い言葉で述べることができますが、私たちは長年にわたって大きな決意を持って仕事をしてきました。 Anthony Tan 氏―VSIPクアンガイ社長 VSIPクアンガイは5年以上にわたるインフラ投資の努力により、工業団地・住宅・商業複合開発の「グリーン」基準に徐々に近づいてきました。 クアンガイ省人民委員会の委員長であるトラン・ゴック・カン氏は厚い優遇政策のおかげでVSIPクアンガイは徐々に投資家にとって選ばれる場所になっているとトイチェ新聞に語りました。 クアンガイ省の社会経済は非常に包括的に発展しています。これは、政治システム全体の努力の結果であるだけでなく、VSIPクアンガイに入居してるテナント様を含む国内外の投資家の多大な貢献にもよります。 環境保護 プロジェクトの初期段階から、VSIP Quang Ngai工業団地は、高度な廃水処理技術を備えた6000 m3 /日の能力を持つ廃水処理プラントを建設しました。特に排水管と雨水管は完全に分離されています。 高度な排水処理技術を有するVSIP Quang Ngai 工業団地の廃水処理プラントは、微生物処理と化学処理の組み合わせにより、廃水をA基準まで浄化します。環境保護の取り組みが実施されたことにより、VSIPクアンガイ工業団地は2016年にクアンガイ省の人民委員会により環境省を授与され、2017年10月5日に天然資源環境省によりベトナム環境省を授与されました。 引用: https://binhduong.tuoitre.vn

Becamex IDCはHOSEに上場されます

工業投資開発総会社の株主総会(Becamex IDC、証券コード:BCM) 2016年6月の上旬に工業投資開発総会社(Becamex IDC、証券コード:BCM)の株主総会は、UPCOMでの会社の株式の取引の登録の取り消しに関する報告書を可決し、ホーチミン証券取引所(HOSE)の株式を上場するために登録しました。 株主総会の報告書によると、当社の事業状況は非常に好調で、2018年の総収益は4兆7,000億ドンを超え、計画を上回っていました。株主総会はまた定款の一部の内容の変更、会社の内部管理規則、配当支払いなど、多くの重要な内容を採用しました。 ソース: https://binhduong.tuoitre.vn

エンタープライズリソースを促進してインフラを開発する

インフラは社会経済開発の「バックボーン」ですが、限られた予算の中で、インフラを開発するためのリソースは、多くの専門家や管理者の関心を引く質問です。 政府主催の南部主要経済圏の開発に関する最近の会議で、グエン・バン・フン氏-Becamex IDC 社会長兼ビンズン省党委員会常任委員会委員-は解決策があるべきだと述べました。それはインフラ開発における企業の貢献を動員する事であり、特に地域接続のプロジェクトは発展のための「テコ」となります。 トゥイチェの記者と話してフン氏はこう言いました。 – 南部主要経済圏は成立以来、ビンズン省を含むメンバーに大きな弾みをつけました。これは国の主要な経済地域であり、GDPの45%と国家予算の42%に貢献しています。方向性は正しく、空港、国際港、集中港、深港などの標準的な計画があります。 ただし、適切な計画を立ててから実施ステップに至るまで、計画を現実に変えるには多大な努力が必要です。特に産業革命の面では、科学技術は世界中で活況を呈しています。 私の意見では、地域の計画は正しくかつ実行可能であるべきであり、計画をタイムリーかつ効果的な方法で実現するためのメカニズムを持ち、具体的なソリューションを促進する事が重要です。達成される結果から、将来、南部主要経済圏はより高い付加価値を新たに創出する事を目指すべきです。人材育成の改善、ハイエンドサービスのプログラムの増加が必要で、サプライチェーンの強化のために、まず物流に焦点を当てる必要があります。 また地域のインフラを更に強化する必要があります。近い将来、環状線、幹線道路、港、国際空港を迅速に接続する必要があります。これはこの地域だけでなく周辺地域にも広がります。 発展戦略では、人間を中心に置き、知的人材の育成や科学技術の研究と応用、スタートアップ、都市インフラとのつながり、工業、ロジスティック、ICTブロードバンド、データベースの同期化などとの協力的なつながりをモットーとしています。これにより革新的なエコシステムを構築し、政府・教育機関・企業の密接な協力と言うアイントホーフェン市(オランダ)から学んだ「スリーハウス」のモデルの基礎を築きます。 グエン・バン・フン氏 – ビンズン省党委員会常任委員会委員兼Becamex IDC社会長 *経済発展のための優れたインフラを開発するダイナミックで積極的な省として評価されたビンズン省は、今後この地域を積極的につなぐ戦略を立てていますか? – 南部主要経済圏の形成は地域の成長に強い影響を及ぼします。過去20年間この地域の一員であると言う強さを積極的に推進してきたビンズン省は、絶えず変化しています。 1996年から最初の工業団地の開発を開始しました。2006年までにビンズン省は、地域全体の一般的な計画に関連して、工業・商業・都市の複合開発と港・空港と地方を接続する交通開発の時代に進みました。 これまでの20年以上の発展の後、ビンズン省はスマートシティ開発の時代(2015年から)へ突き進めています。 このプロジェクトの目標は、経済の付加価値を向上させ、知識経済、デジタル経済の方向へ向けて製品やサービスを技術と質の高いものへシフトさせる事です。 同時にビンズン省は社会インフラへの投資を促進しています。経済的ブレークスルーを活用し、グリーン環境改善プログラムのもと、30万人の社会住宅を建設し、出稼ぎ労働者の定住を支援し、 公共活動を奨励し、医療や教育の提供、徐々に良好な国際基準の生活環境を作り上げていき、同化させていくと言った事をしています。 2018年にビンズン省は2つの世界クラスのイベントを継続的に開催し、60か国以上の都市、多国籍企業、教育機関の何千人ものリーダーを集めて世界の動向やビンズン省と経済地域の開発戦略を議論しました。ビンズン省のこれらの取り組みは、初期の成功を達成し、ICFによって2019年に世界の典型的なスマートシティを構築する戦略を持つ21の地域の1つとして評価されました。それによって南部主要経済圏全体の一般的な発展を貢献しています。 *「地域のつながり」の話は長年にわたって提起されてきました。誰もが必要だと感じましたが、実施は期待通りにできていません。工業・商業・都市の複合開発は非常に成功していますが、その経験からビンズン省と南部主要経済圏の両方で発展するための画期的なソリューションは何でしょうか? – 目標と大きな方向性、南部主要経済圏の将来の計画は非常に明確であり、機会と課題は明らかでしたが、何故多くの地域プロジェクトが未だ効果的に実施されていないのか?港、空港、接続ルートなどのコアで非常に緊急のポイントが、未だ迅速に進む事ができないのは何故か?これは、私たちが常に懸念し、その中に私たちの責任の一部を見るものでもあります。 企業の観点から、地域経済開発のための3つの具体的なソリューションを提案します。第一にインフラ開発するために企業のリソースをもっと促進していく事が必要です。第二に南部主要経済圏を調整するメカニズムが必要です。これには、より強力なヒエラルキーが必要で、より具体的で、より物理的なクラス分けが必要です。国家的ビジョンを持った政府の代表者が、ホーチミン市や各省をサポートする重要な役割を果たします。思い切った意思決定と「鉄拳」がブレークスルーを生み出します。第三に工場や工業団地から空港や港に商品や材料を輸送する問題を解決するために、鉄道物流プロジェクトを実施する必要があります。 ビンズン省単体の場合、外国投資(FDI)誘致と工業開発のプロセスは非常に成功しています。 現在、科学技術工業団地プロジェクトを立ち上げます。これは「スマートシティ」スキームの特定のプロジェクトの1つです。将来的にはハイテク生産エコシステムを段階的に形成し、地域全体の知識センターを開きます。これは全国のダイナミックな明るいスポットです。 メカニズムについては、工業と都市開発に関連する物流輸送システムを優先する必要があります。 この地域の大きなプロジェクトには調整が必要で、相乗効果とブレークスルーを生み出します。 リーダーシップの役割を持つ政府は、大企業を集めたり、仕事を手配したり、タスクを割り当てたり、促進したり、メカニズム化したりする事ができます。政府及び地方自治体の支援は、国内外のリソースを引き付ける原動力となり、大きな可能性を開きます。 これは大規模なインフラプロジェクトを展開する際に我々の周りの国によって効果的に適用されている方法です。政府は企業を動員して、各グループに資金、建設、運用、物流を分配します。具体例は、ロンタン国際空港のプロジェクトと空港への接続プロジェクトです。これは非常に緊急の重要なプロジェクトであるため、政府が企業リソースの呼び出しを提唱する場合、確実に大きな魅力を生み出し、プロジェクトを迅速かつ効果的に促進します。 ビンズン省の科学技術工業団地プロジェクトとは何ですか? これはビンズンスマートシティプロジェクトの主要プロジェクトの1つであり、ビンズン省 / Becamexと世界都市科学技術協会(WTA)の緊密な協力によるもので、韓国の大田市やオランダのアイントホーフェン市、シンガポール、世界の他の多くの科学都市から学んだモデルです。 ビンズン省の科学技術工業団地は、企業、特に中小企業、スタートアップなど現時点で先端を走り付加価値の高い製造業を誘致するためのエリアの展開に焦点を当てています。同時に研究開発、科学技術実証のエリアを計画し、国内外の企業と教育機関を連携させます。 科学技術工業団地は、ハイテク人材、研究技術移転を誘致するためのトレーニングセンターになる事を目指しています。科学技術工業団地は、作業環境の他に、ダイナミックで創造的な科学コミュニティを持つ専門家、エンジニア、科学者にとって理想的な生活環境である都市エリアを建設します。 ソース: https://binhduong.tuoitre.vn