工業団地教育・スポーツ大会

24.05.2011

2011年ミ フォク工業団地スポーツ大会:若者の工人の祭日!

経過した半月中、ミ フォク工業団地(ベン カト)のスポーツ場は工業団地に経営とか生産とかしている企業及びベン カトに所属する社、町からの若者の工人の大好きな場所になった。2千若者の工人と何千人サポーターは各チェーン、生産グループの同僚で、2011年第4ミ フォク工業団地のスポーツ大会(MPIPゲーム)共に競争したり応援したりした

tt130

前の三回と比べ、第4 MPIPゲームは規模が大きく、サポーターと大会に参加した企業の数量はより多い。陸上競技に参加し、サポーターも兼任したコンクリート株式会社べカメクスACCのレ ツアン ズンさんは「私はMPIPゲームの4回とも参加したが、よく興奮し、私たち向けの大会に夢中した。第4 MPIPゲームはより華麗で規模が大きい。MPIPゲームに参加するのは健康練習をし、他の企業の人たちと交流するいい機会だけでなく、自分の企業のために努力するチャンスである」と喜んで言った。

伝統的なゲーム以外、開催会は棒押し、袋ジャンップ、竹馬などの民間ゲームもプレープログラムに入れたから、何百若者の選手とサポーターたちを誘致した。初心者の選手と共に、ビン ズン自転車チームのプロ選手のグエン チ ズンさん及びカオ ツイ ツァンさんは得意ではないゲームに参加し(大会規定によると、練習するとか国家や省、県レベルに達するプロ選手はメダルを受けたゲームまたは練習しているゲームに参加するのは禁止)、大会には多色でサポーターを誘致するようになった。国家レベルの選手で、アジア若選手大会で、現在ベトナムの自転車選手のスターになったが、廃物処理企業(ビン ズン水給出・環境会社)の工人と共に長引きゲームをする時、ハノイからのグエン チ ズンは昼のすごい暑い環境を無視し、積極的に参加した。「今まで、練習と競技に年中夢中したから、今度は会社の同僚と出会って、交流できたので、本当に喜んで、いい経験しました。私にとっては勝つか負けるかどちらにしても気にしないで、その上これは溶け込みと交流のいい機会です。」と言った。長引き及び鉄アレイ押し及び高飛びのゲームとも参加したグエン チ ホン ヌンさんに対しては「これはチーム精神と会社の人たちの結びつきを発揮するいい機会で、それと共に今度故郷を離れていて、工業団地に勤めている若者の工人たちは出合って、交流した。大会に出席するのは十分です」と言った。それは開催会が向ける大切な目標である。

2011第4 MPIPゲームにはベン カト県に経営している会社及び外国内企業に所属する30団体の2500選手も誘致し、17ゲームで55メダルセットのために競争した。総経費は15億ドン以上で、120ボランティアいる。選手は全員で開催会により競技期間中で保険証が買われた。

ビン ズン新聞

Bài viết liên quan

工業団地における労働者向けの“ベトナム人がベトナム歴史を把握”というコンクール

9月30日にミー・フォック工業団地において“ベトナム人がベトナム歴史を把握”というコンクールの開催委員会である投資サービス諮問株式会社(Becamex ISC)はミーフォック工業団地と隣近所に働いている青年に受賞した。

ビンズォン省は在外国ベトナム公館にて投資促進役員と投資促進経験を交換する協議を主催する。

協議に主席したのはビンズォン省人民委員会のチャン・バン・ナム副会長、企画・投資局、外務局、商工局の指導者、ビンズォン省における各工業団地の管理委員会、VSIP工業団地の管理委員会、Becamex IDC総会社、企画・投資局、投資促進センター、南部における20省の工業団地管理委員会、輸出加工区管理委員会の代表者である。

東部国際大学の学長-全ての強固な発展の目的のために

ビン・ズオン新聞による、EIUの学長で、グエン・ヴァン・フック博士のインタビュー

副首相Nguyễn Thiện Nhân はViệt Đức大学開講を参加する。

11月21日の午後にBình Dương新しい 町の中心のViệt Đức大学で2011年―2012年開講を行って、学校の始博士コースに卒業証明書を渡す。
副首相Nguyễn Thiện Nhân、教育省大臣Phạm Vũ Luận、教育省次官Bùi Văn Ga、ドイツ連邦共和国首相Gerhard Schroder、ドイツ連邦共和国大使Claus Wunderlich、ドイツ連邦共和国総領事Conrad Cappell、Bình Dương県の人民委員会副団長Huỳnh Văn Nhịを参加した、