東部国際大学は会社と諮問及び交流を行った。

27.03.2011

 

2011年学生を募集する諮問プログラムで、東部国際大学は、2011年03月27日に、ビン・ズオン県の人民委員会の副主席であるフィン・ヴァン・ニー氏、ビン・ズオン教育訓練省の副社長であるダァン・タィン・サーン氏、ホーチミン市国家大学及び大学後の部長であるグエン・ホイ・ギャー博士、Becamex IDCの副最高経営責任者であるファーン・ゴック・テゥアン氏、ビン・ズオン県のミー・フゥク工業地帯「Kirin」、「Kubota」、「TaTung」などの 会社の幹部代表としてを行った。そして、大学の代表及びグエン・フェ、テゥ・サーン、テゥン・タン、ライ・ヅエンなどの高校の600くらい学生も参加した。

諮問の日に、格学生はその大学の導入、2011年の学部、学金、書類する教示、格学部について見学などを聞いてもらった。特に、ビン・ズオン県の人民委員会の幹部代表、教育訓練省、ホーチミン市国家大学、Becamex IDCの幹部代表、各会社と直接な交流の部である。内容は大学の学部とビン・ズオン県の経済・社会を発展する方向、学生の勉強・実行・実習環境、大学を出た職業チャンスの間の関係をめぐる。

学生を募集する諮問の写真

  tt400

東部国際大学学長グエン・ヴァン・フック博士はその大学を導入する。

tt401 tt402

いろいろな高校の学生は2011年03月27日に学生を募集する諮問プログラムに参加する。

tt403
 

学生が電子の試験室を見物すること

Bài viết liên quan

ビンズオン・等級都市の起工

サイゴン経済タイムオンライ)3月2日に、三菱東京UFJ銀行(日本)はビンズオン新都市のあり12億ドル米の資本の都市投資プロジェクトの実施のためにBecamexIDCと等級グルップと結合するBecamex・等級有限責任会社に資本を融通することを公開した。

ベトナム有限会社クボタはビンズオン省の農協に 5つの耕運機をあげた。

120年のクボタグループ及びベトナムで2年の会社成立記念に際して、午前、2010年12月28日に、ミーフォク工3の業地帯の企業で、ベトナム有限会社クボタはビンズオン省の農協に 5つのL3408VN(13億総額)耕運機をあげた。その耕運機はビンズオンの協同組合、農業協同組合を譲っていた

Tran Duc Luong大統領はビンズン-新都市で訪問し、木を植わります

18,19日7月の二日間に、Tran Duc Luong元大統領とレデイビンズン県で訪問しました。元大統領はプラザ、ベトナム-シンガポール工業地域を訪問した、ビンズン-新都市で訪問し、きを植わりました。Tran Duc Luong氏はビンズン都市-サービス-連合区のインフラと規模に印象があります。一番ビンズン新都市センタ構築することです。際立つのは工業都市、教育し、訓練し、現代的、清潔で緑豊かな環境です。

ビンズオン新都市の建設起工

 4月26日の晩、ビンズオン省の人民委員会はビンズオン新都市の建設起工式を開催した。

それは驚異の名前は My Phuoc

2002年半に設立されました、今まで、My Phuoc工業地域1,2,3,4,5はBecamex IDCの会社を提示するほぼ6.600ヘクタールの総面積があるのは証明されている産業の発展と関連する都市サービスの成功モデルです。短い期間内に、このモデル、でかつ迅速にプロジェクトや投資の数に地域リードして上昇です。