第6回べカメクスIDCカップ新都市ビン ズンサッカー会を開幕

08.06.2011

35年間以上の経営暦を通じ、単純な活動の総合商社から、現在、ベカメックスIDCは複合経済グルプとなっています。ベカメックスの発展は経済及び会社の分野におけるビン・ジュオン省の更新に伴って、特に工業、交通、都市のインフラ整備を皮切りに、他の経済分野を発展して、大成功に達成してきました。
ベカメックスIDCの代表的な成果:
– 工業インフラの開発:ベカメックスIDCは国際的かつ高基準的な工業団地及び工業区を成功に建設しました。全部の工業団地は投資総金額の約63億米ドルで投資誘致率が95%を達し、150.000人の労働者に仕事を与えています。特に、持続可能性の工業の発展に寄与するこの工業団地モデルは、好都合な投資環境を与え、他の地方からの労働者の安住の地になっています。
– 交通インフラの開発:ビン・ジュオン省の本線及び重要な道路につながる13号線の国道、ミーフック・タンバン高速道路などのBOTプロジェクト(建設・運営・譲渡のプロジェクト)が経済を発展し、ビンズン省と南部の重要な経済地域及び高原との商品流通にも貢献しています。こんな重要なプロジェクトで交通インフラ開発するのはビンズン省の投資環境を安定させることだけではなく、2020年の指向計画ガイドラインによって、ビン・ジュオンを第1グレードの都市になることにも貢献しています。
– 都市の開発:施工されている大規模的かつ現代的なプロジェクト:
+   ベカメックス・シティー・センター:6ヘクタールの面積で、ベカメックス・シティー・センターはビン・ジュオン省における最初の近代的な都市のセンターのモデルです。商業街、高級なマンション、リースオフィス、ホテル、レストラン、スーパーマーケットなどの十分な便宜を設置されて、ベカメックス・シティー・センターは、ビン・ジュオン新都市の経済・政治・社会の中心としての文明的かつ近代的なテュ・ジュウ・モット都市の発展の基礎になっています。
+ ミーフック工業団地でのエコレークスプロジェクト:このプロジェクトはべカメックスIDCとマレーシアの大手デベロッパーであるSETIAグループとの合弁事業です。このプロジェクトはは近代的で、自然及び環境にやさしい住宅区です。新たな優れた生活の基準を満たす代表的なモデルです。
+ ビン・ジュオン新都市:ビンズン工業・サービス・都市連合区に1007ヘクタールの面積で建設されています。2020年の指向計画により、中央に直轄する近代的なビン・ジュオン新都市は中心部の役割を果たします。この新都市はビンズン省の人民委員会及び人民評議会が総合行政の中心として選択されました。。125.000人の定住の地および400.000人以上の職場を提供します。
+ ベカメックストゥンアン都市連合プロジェクト:再定住のアパート、商業・サービス業センター、公園、駐車場、広場、競技場、プール、劇場、バレーボールヤード、バスケットボールヤード、特に1000つの病床という規模の国際総合病院を含んで、商業・サービス業・ヘルスケア・休息の需要を満たしています。これは、地元と近隣地域の住民のために文化交流及びエンターテイメントの理想的な環境を作成するビンズン省の緊急で最初のサービス・文化・スポーツ複合センターです。
–  教育・医療分野の発展:
+  ミーフック総合病院:2ヘクタールの面積で、500つの病床の病院。
(第一フェース)
– 現在展開する二つの大きなプロジェクト:
+ 東部国際総合病院:12.76ヘクタールの面積で、1.000つの病床のプロジェクトです。
+ 東部国際大学:26ヘクタールの面積で、毎年学生募集数は24.000人の予定です

 

いままでの達成により、ベカメックスIDC社は名誉にベトナム社会主義共和国の大統領からの派手な賞を受賞されました:
1997年・グレード3の労働勲章
1999年・グレード2の労働勲章
2000年・グレード1の労働勲章
2009年・グレード3の独立勲章

Bài viết liên quan

2011年に第3回の東南部メンバー都市エリア会議

「第3回のメンバー都市エリア会議は、メンバーの都市エリアが都市管理作業における原因、利点と困難についての経験を共有して効率的に解決策を提出するための機会であり、南部の主要な経済地域の経済・社会の発展に貢献して、気候変動とともに持続な発展で文明かつ近代な新都市の建設のための基礎としての会議である。」

首相グエン・タン・ズンはビんズオン省と東部国際大学を訪問した。

2010年8月10日にビンズオン省で面会し、訪問中に、政治局員・首相グエン・タン・ズン氏はビンズオン新都市を訪問した。

ビンズオン省は社会住宅のプロジェクトに大きく投資する・投資誘致、産業開発に関する新突破。

投資誘致、経済開発と国際総合の経験から総括した。ビンズオン省は人材の源の安定が一流の優先であることを確定する。その内に、物質生活と精神生活の世話は社会経済業に強固的な開発を齎す要点的な要素である。そのために、ビンズオン省は2011- 2015年の社会住宅プロジェクトの建設展開を指導した。ビンズオン省の一流のである企業の投資と工業開発会社に任せ、2012年2月24日に本プロジェクトを起工した。これは、ビンズオン省の党委員会が提出した高く強固的な開発目標の重要な突破で、投資資本誘致、産業開発の新突破である。同時に、これも都市化プログラムの動力である。ビンズオン新都市の開発に貢献する将来都市の住民として従業員ための生活の最良世話の決心を表す。これは、ビンズオン省は一レベルの都市と2020年に中央直轄の都市にになるように重要なプログラムである。

Becamexサイド東急MOUプレス発表内容

2011年10月27日、日本時間16:30、ベトナム時間14:30、セルリアンタワー東急ホテルにて東急電鉄株式会社とベカメックスIDC社は、ベトナムまたはビンズン省における都市工業商業開発を加速させるため、また開発する都市のクオリティを向上させるために、共同事業が出来ないかを検討する事にし、そのための基本合意書を締結しました。

2015ベトナム南部ビンズン省投資環境セミナー

いよいよ2015年後半 アセアン経済共同体(AEC)が発足 タイ プラス・ワンでバンコックと一日で結ばれる 南部ベトナムが益々脚光を浴びる