168チームがビンズン新都市サッカー場にて開催の2019年Becamex IDCカップに参加しました。-2019年5月20日配信

20.05.2019

レ・フー・フック氏-省常任委員会委員、プロパガンダ及び教育省委員会委員長やグエン・バン・フン氏-省党委員会の常任委員会委員、Becamex IDC Corporationの取締役会長、 ダン・ミン・フン氏-省人民委員会副委員長、 カオ・ヴァン・チョン氏-ベトナムサッカー連盟の副議長、省の各部門・組織のリーダーが開会式に出席しました。

トーナメントに参加しているチーム

今年は168のチームが参加し、省内の機関や組織、企業から4,200人を超える競技者が集まりました。チームは42のリーグに分かれて、各リーグはラウンドロビン方式で競い合いました。

ダン・ミン・フン氏-省人民委員会副委員長は、セレモニーにて、主催者とトーナメントに参加したチームの努力を高く評価しました。特にBecamex IDC社は最近、省のスポーツの発展に多くの実用的かつ効果的な貢献をしています。開催は13年間にわたり、これは意味のある活動であり、組織や企業、地域間の理解と連帯を高めるのに役立っています。彼はスポーツ精神や連帯、誠実さと高潔さでベストを尽くし、健康で有用な競技場を作り、勉強、労働、生産のための健康を強化することをチームに提案しました。

州のリーダーであるBecamex IDCは、参加チームと写真を撮りました

 

Bài viết liên quan

ビンズン省とホーチミン市国家大学:教育と健康開発における協力に着手- 

ビンズン省のBecamex IDC社及び東部国際大学は、ホーチミン市国家大学との協力覚書に署名し、人々に実際の利益をもたらす多くの有望なプロジェクトで新しい開発段階に到着しました。 大学間、大学と企業間の「握手」は、国家とのつながりを持てれば、ビンズンが目指しているスマートシティを構築するための「スリーハウス」協力モデルの具体例となります。 医師訓練 ビンズン省は工業開発の速度が速く、印象的な都市開発を行う省であり、数十万人の雇用を創出しています。人々が喜んで住みたい「約束の土地」を作る事に加えて、ビンズン省は社会インフラ、特に労働者に提供する医療と教育に、大きなプレッシャーがかかっています。 統計によると、ビンズン省の人口は約220万人で、その半数は他からの移民であり、そのほとんどは若者、労働者です。.労働年齢であるため、医療、生殖、教育などの需要は極めて大きいです。 開発の初期の頃から、ビンズン省は多くの病院や民間の医療施設で教育と健康の分野を強く社会化すると言う方針を持っていました。 2018年12月4日に締結されたホーチミン市国家大学とBecamex IDC 社・東部国際大学との協力協定により、2018-2023年の期間で多くの開発計画や両者の強みと可能性を促進する計画を立てました。具体的には、ホーチミン市国家大学の医学部と東部国際大学(EIU)が協力して一般開業医を訓練します。豊富な経験と利用可能なスタッフにより、ホーチミン市国家大学はEIUに協力・支援をして、医療プロジェクトを開発します。EIUにてホーチミン市国家大学の医学部の大学および大学院の教育プログラムを実施します。 専門的で外国語が得意な医師を育成するために、EIUはホーチミン市国家大学の医学部の学生に対して外国語教育を支援します。さらに、ホーチミン市国家大学で教育された将来の医者は、ビンズン省の近代的な医療施設で実際に仕事及び実践する機会が与えられたり、Becamex IDCが支援する大学院奨学金を受け取る事ができたりします。 包括的な発展 ホーチミン市国家大学の理事長であるフイン・タン・ダット博士は、協力協定の内容は、長年にわたって構築されたビンズン省とホーチミン市国家大学の包括的な協力関係の拡大として署名されたものであると述べました。 新しい期間に於けるビンズン省とホーチミン市国家大学のパートナーシップは、教育協力プログラムや教育と訓練の品質管理、科学技術分野に於ける応用研究などを通じて、引き続き高度の人材育成に焦点を当てていく事になります。ビンズン省ジーアン町にホーチミン市国家大学のキャンパスがある事の特殊性を活かして、ビンズン省、特にBecamex IDC社は国家大学の周辺の土地収用作業やコンサルティングを行い、国家大学都市内にサービスエリアを建設する事を国家大学にアドバイスしサポートをする積りです。Becamex IDCは、国際関係を通じて、学校と企業のマッチング支援をしたり、教師や生徒向けのの協力機会を支援したりもします。 Becamex IDC社会長のグエン・バン・フン氏は、「スマートシティ」プロジェクトを実施するには、科学技術工業団地の開発やロジスティック開発、交通接続などの問題を解決するための研究など、やらなければならない事がたくさんあると述べました。発展の過程にある企業自体は、科学者が研究に参加し実際に使えるようにする必要があります。同時に大学協力プログラムを通じて、大学は現物を改善したり、研究を生活の応用にもたらしたりできます。 多くの近代的な医療機関 Becamex IDC社は多額の投資を行って、いくつかの病院を既に稼働させ、設備にも十分に投資し、投資家と従業員により良いサービスを提供しています。また、学生と医師にとって良いインターンシップの機会を生み出しています。 BECAMEX国際病院はホーチミン市からわずか20 kmのトゥアンアン町の国道13号線沿いにあり、1,200床の規模で南東部地域の大病院です。BECAMEX国際病院の総面積は約12.7haで、2015年末に正式に稼働しました。一方、ベンカット町のミーフック総合病院は2007年から約500床の規模で稼働しています。これまで活発に操業しており、患者で非常に混雑しています。 東部国際大学では、看護学科も長年トレーニングを行っています。ビンズン省の医学生は学校で訓練を受け、病院で実際に近代的な機械や設備を使用できると言う利点があります。ビンズン省の医療従事者の需要は非常に大きいため、卒業後のほとんどの医師と看護師はすぐに仕事に就く事ができます。 ソース:トゥイチェ新聞

VNTT(Becamex IDCとNTT VIET NAM CORPORATION(日本)の間のビジネス協力契約の投資証明書の授与 

VNTT(Becamex IDC)とNTT VIET NAM CORPORATION(日本)の間のビジネス協力契約の投資証明書の授与 1月24日の朝、省人民委員会はベトナムテクノロジーアンドコミュニケーション株式会社(Becamex IDC社の子会社)とNTT VIET NAM CORPORATION(日本)の間のビジネス協力契約(BCC)プロジェクトの投資証明書を授与しました。党中央委員会委員、省党委員会書記長、国会代表団長、チャン・バン・ナム氏、省人民委員会委員長のチャン・タン・リム氏、省人民委員会の常任副委員長のマイ・フン・ユン氏、省人民委員会副委員長のダン・ミン・フン氏が授与式に出席しました。 BCCに於ける協力は両社の共同プロジェクトであり、両社は2018年にビジネスライセンスに記載された領域でのサービスの提供を開始します。それは企業向けのクラウドコンピューティングプラットフォームでのワイファイサービスの提供、光ファイバー回線機器の構築と光ファイバー回線サービスの提供、日本のNTT東日本の経験と実務能力に基づいたICTソリューションを提供です。この協力により、高品質の人材を引き付け、日本の品質サービスを開発し、工業・商業・都市の複合開発に於ける調和のとれた開発のスペースを創出します。 この協力プロジェクトの実施後すぐに、双方はBecamex IDCシステムと東国際大学の教育機関でのスマート教育モデルを試験的に実施し、動的で直感的な教育方法を提供します。教師と生徒の直接的なやり取りを支援し、人材育成の質を向上させます。外国投資家に供給するとともに、科学技術都市エリアの成功にも貢献するでしょう。また、式典では両当事者のメンバーが、ビンズン省にて2番目のデータセンターの実現可能性調査と建設に関する覚書に署名しました。これはサーバーシステムをベトナム国内に置く事によって、金融やeコマースなどの大企業を誘致するための前提条件となります。これは今後のビンズン省に於ける商業とサービス開発の重要なベースにもなります。 ダン・ミン・フン氏は式典で、省人民委員会はビンズンスマートシティプロジェクトの主要コンテンツを具体化する際に於けるVNTTとNTTベトナムの役割と協力関係を高く評価する事を強調しました。同時に技術分野は産業や企業に関心を持たれるようにして、開発投資の条件を作り出し、人々や企業のニーズを満たすことに貢献する事を期待しました。 PHƯƠNG LÊ

南部の主要経済圏からのプラスの影響。

5月6日の朝ドンナイ省ビエンホア市で、グエン・スアン・フック首相の指導の下、南部主要経済圏開発会議が開催されました。 – 2019年5月7日 配信 5月6日の朝ドンナイ省ビエンホア市で、グエン・スアン・フック首相の指導の下、南部主要経済圏開発会議が開催されました。 – 2019年5月7日 配信 南部主要経済圏は成立以来、加盟都市及び省に大きな弾みをつけて国内の経済リーダーとなり、国の輸出高の40%を占め、国家予算の60%近くを貢献しています。 この地域は国際経済統合の時代を迎え、良好な条件を備えた国際交流の玄関口です。方向性と言う意味では、この地域には常に正しい方向を向いており、空港、国際港、集中型港、深層港などの標準的な計画があります。 今日科学技術の爆発を伴う産業革命の第4波が世界中に広がり、新しい機会と挑戦を生み出しています。南部主要経済圏は、グローバルな競争力を高めるために、より強力かつ積極的に革新していく必要があります。計画は実行可能で、迅速に実施するための具体的なソリューションを備えた促進メカニズムを与えなければなりません。 将来的には、この地域は新たな付加価値の創出の方向に向かい、人的資源の向上の訓練に焦点を当て、ハイエンドサービスプログラムを増やし、サプライチェーンを強化していかなければなりません。まず物流とインフラ整備をしなければなりません。河川のルート、海上ルート、陸上ルートなどの多様な輸送の開発をし、環状線や幹線道路、港、国際空港などの接続を加速させなければなりません。これは地域だけでなく周辺地域にも広がります。 南部主要経済圏の成立は、地域の成長に大きな影響を与えました。ビンズン省では、20年にわたる継続的な転換期に、この地域の一員であると言う強さを積極的に推進しています。1996年から工業団地開発が始まり、2006年までにビンズン省は地域の一般的計画と関連して、工業・商業・住宅の同時複合開発や港や空港への接続の時期に移行しました。 2015年から可能性を探り、世界の新しいトレンドに乗り、時代の新しい要求に応えるべく、ビンズン省はスマートシティの時代へステップを踏み出しました。経済の価値を向上するために、知識経済・デジタル経済の方向へ向けて、技術と質の高い生産・サービスへ移行しています。 省は人間を中心として焦点を当て、協力とつながりをモットーとし、知的人材の育成、科学技術の研究と応用、スタートアップ、都市インフラの接続、工業、物流輸送、ICTブロードバンド、同期データベース、革新的なエコシステムの構築を急激に促進しています。政府と企業、学校・研究所による密接な協力を謳うオランダのアイントホーフェン市から学んだスリーハウスのモデルが基礎となっています。 同時にビンズン省は社会インフラへの投資を促進しています。経済的ブレークスルーを活用し、グリーン環境改善プログラムのもと、30万人の社会住宅を建設し、出稼ぎ労働者の定住を支援し、 公共活動を奨励し、医療や教育の提供、徐々に良好な国際基準の生活環境を作り上げていき、同化させていくと言った事をしています。 2018年にビンズン省は2つの世界クラスのイベントを継続的に開催し、世界の動向やビンズン省及び南部主要経済圏の開発戦略を議論するために60か国以上の都市、多国籍企業、研究所の何千人ものリーダーを集めました。 ビンズン省の上記の取組みは、2019年に初期の成功を収めました。世界の典型的なスマートシティを構築する戦略を備えた21の地域の1つとしてICFによって評価されたからです。それにより南部主要経済圏の発展にも貢献しました。 会議でのBecamex IDCの4つの推奨事項 また会議ではBecamex IDCは次の4つの意見を提案しました: – 南部主要経済圏のインフラを構築するための企業リソースを促進するメカニズム。 – 南部主要経済圏の調整メカニズム。 – 鉄道物流プロジェクトと科学技術工業団地プロジェクト。 ソース: www.sggp.org.vn

ビンズンスマートシティのプロジェクト実施のスピードアップ-2019年7月18日 配信

電子情報によると-7月18日の朝、省の国際会議・展示センターで、ビンズンスマートシティ(TPTM)の執行委員会は、2019年の最初の6か月間のビンズンスマートシティプロジェクト実施計画の実施に関する報告を聞く会議を開きました。会議の議長は、省人民委員会副委員長兼ビンズンスマートシティ執行委員会委員長であるマイ・フン・ユン氏が務めました。 電子情報によると-7月18日の朝、省の国際会議・展示センターで、ビンズンスマートシティ(TPTM)の執行委員会は、2019年の最初の6か月間のビンズンスマートシティプロジェクト実施計画の実施に関する報告を聞く会議を開きました。会議の議長は、省人民委員会副委員長兼ビンズンスマートシティ執行委員会委員長であるマイ・フン・ユン氏が務めました。 会議で参加者はプロジェクトの実施における利点と困難を共有しました。同時に半導体および情報技術の分野で革新的なプロジェクトを実施する事が提案されました。 会議の締めくくりにマイ・フン・ユン氏は、機関や組織に2019年に登録された任務の実行に集中するように要求しました。特に目標は世界貿易センター協会(World Trade Center Association -100か国以上に300以上の貿易センターのネットワークを持つWTCA)に加盟する事で、Smart21のタイトル獲得を達成するためのソリューションの実施を継続する事です。さらにビンズンスマートシティを構築するためのソリューションを共有するために、国際的身分を有する研究者と専門家科学会議の開催を研究する事であり、近い将来にビンズンで2019年のアジア経済協力フォーラム(ホラシス)を開催する準備を整える事です。 ソース: Cổng TTĐT Bình Dương