Becamexサイド東急MOUプレス発表内容

27.10.2011

2011年10月27日、日本時間16:30、ベトナム時間14:30、セルリアンタワー東急ホテルにて東急電鉄株式会社とベカメックスIDC社は、ベトナムまたはビンズン省における都市工業商業開発を加速させるため、また開発する都市のクオリティを向上させるために、共同事業が出来ないかを検討する事にし、そのための基本合意書を締結しました。

今回、ベカメックスが東急電鉄と締結した基本合意書の骨子は以下の通りです。

① 両社は、可能的な共同事業の検討を進めるため検討委員会を設置するために代表者を派遣する。

② ベカメックスは、ベトナムの各地方またはビンズン省他における開発案件の情報等を提供するとともに、行政の協力が得られるように努める。

③ 東急電鉄は、検討委員会に開発及び運営事業での経験を提供するとともに、べカメックスIDC社との共同事業の更なる発展に寄与するため、パートナーを誘致するように努める。

日本側の東急電鉄株式会社は東急グループの中核で、東急グループとしては、鉄道事業、開発事業、流通事業、小売事業、ホテル事業、文化事業等、幅広く事業展開をしているコングロマリットです。ベトナム側のベカッメクスIDC社は証券、金融、保険、銀行、建設、貿易、不動産、サービス、コミュニケーション、コンクリート製造、建設資材、鉱業、医薬品、医療や教育などの分野で活動している28の100%子会社や関連会社を有し、工業団地や住宅地、都市交通インフラなどの分野におけるデベロッパーとして“ベカメックス”というブランドが信頼の印として知られています。東急グループとベカメックスが組む事でベトナムの発展に大きく寄与する事が期待されています。

Becamex-Tokyo

東急電鉄の概要

会社名:東京急行電鉄株式会社

設立:1922年(1942年に現在の商号となる)

代表者:
    取締役会長 越村敏昭
    取締役社長 野本弘文
所在地:東京都渋谷区南平台町5-6
資本金:1,217億24百万円(2011年3月31日現在)
ウェブサイト:http://www.tokyu.co.jp/

Bài viết liên quan

2014ベトナム南部ビンズン省投資環境セミナー

繋がりだしたバリューチェーン

シンガポール共和国のトニタンケンヤム大統領はビンズオン省の訪問

04月26日の朝、マイテェチュン地方の党委員会委員長とレテャンクン人民委員会委員長は人民委員会でベトナムでの出張中シンガポール共和国のトニタンケンヤム大統領と夫人を歓迎した。

2018ベトナム南部ビンフック省投資環境セミナーご案内

2018ベトナム南部ビンフック省投資環境セミナーご案内

Becamex IDCは2011年の活動概括の報告及び2012年の課題見当の展開に関する会議を開催した。

投資・産業開発会社-有限会社(Becamex IDC)は2011年の活動概括の報告及び2012年の活動見当の展開に関する会議を開催した。

ビンズオン省は社会住宅のプロジェクトに大きく投資する・投資誘致、産業開発に関する新突破。

投資誘致、経済開発と国際総合の経験から総括した。ビンズオン省は人材の源の安定が一流の優先であることを確定する。その内に、物質生活と精神生活の世話は社会経済業に強固的な開発を齎す要点的な要素である。そのために、ビンズオン省は2011- 2015年の社会住宅プロジェクトの建設展開を指導した。ビンズオン省の一流のである企業の投資と工業開発会社に任せ、2012年2月24日に本プロジェクトを起工した。これは、ビンズオン省の党委員会が提出した高く強固的な開発目標の重要な突破で、投資資本誘致、産業開発の新突破である。同時に、これも都市化プログラムの動力である。ビンズオン新都市の開発に貢献する将来都市の住民として従業員ための生活の最良世話の決心を表す。これは、ビンズオン省は一レベルの都市と2020年に中央直轄の都市にになるように重要なプログラムである。