Tan Uyenでの三つ道路のプロジェクトの概略

04.08.2010

 

2010年08月04日にTan Uyen 県でのĐT746, ĐT747B ĐT742の三つ道路工事が本格的に着工されました。この起工式に参加したのはMai The Trung様 – Binh Duong省共産委員会の秘書長, Tran Van Nam省人民委員会の副会長, Dao Ngoc Nu 省祖国戦線の委員会の会長, 党の元老Binh Duong Tan Uyen 県の各局、役所の幹部、現地での企業と地方住民の代表者である.

ĐT746, ĐT747B ĐT742の三つの道路のプロジェクトBinh Duong省人民委員会が投資・工業開発一員有限総会社(Becamex IDC) に任せていました。この道路のプロジェクトはBOT法  (建設・経営・譲等)で以下のような優先順位に実施されます

ĐT746県道Tan KhanhからUyen HungまでのĐT746県道): Tan Khanh 橋からNam Tan Uyen工業団地のラウンドアバウト{かんじょう}{えんけい}Cay Queo 交差点、Thu Bien Cong Xanh道との交差点まで拡張し伸ばします。これはTan Phuoc Khanh市とNam Tan Uyen区をトゥー・ザウ・モット市につかげる重要で最短な道路です。全長は18.128m6車線のあるコンクリート舗装道路です。

ĐT 747B県道, Binh Chuan –からHoi NghiaまでのĐT 747B県道): Binh Chuan 村のCu様の神宮での交差点からKhanh Van橋を渡ってNam Tan Uyen工業団地のラウンドアバウト、その後は349交差点、最後はThu Bien – Cong Xanh (Hoi Nghia)との交差点まで拡張し伸ばします。Tan Uyen 県の北東側を Binh Duong省の南側(Thuan An Di Anの県)につなげる道路で工業運送に大事な役割を果たしてSong Than駅とDong Nai、ホーチミンでの港につながる 道路です。全長は 19.002mぐらいで6車線のあるコンクリート舗装道路です

ĐT 742県道Phu My から Cong XanhまでのĐT 742県道): Pham Ngoc Thach– ĐT 742 交差点から既存道路に沿ってTan Uyen 県のPhu Chanh村, Vinh Tan, Tan Binh村を通って最後はTan Binh村のCong Xanh交差点です。Tan Uyen 県の北側をBinh Duong での既存と新都市の行政センターにつなげる重要な道路です。全長は 20.004m6車線のあるコンクリート舗装道路です

総投資金額は14283億ベトナムドンで交通インフラ整備と料金徴収所の建設に関する費用も入っています。その中は国が国家予算で立ち退き、補償の費用を負担します。建設工事の予定は2010年04月から2013年までです. その中は第1ステップは2010年から2012まででĐT 746県道工事です。第2ステップは2011年から2013年まででĐT 747 B ĐT 742県道工事です。料金徴収の予定時間は2014から50年間(建設時間の以外です。

この三つの道路のプロジェクトは経済発展を加速するためにインフラ整備に対応する事が出来て、現地(特にTan Uyên県の既存工業団地、将来の工業団地)への投資者を誘致できるのに良い条件を与えます.

鍬入れ式での幾つかの写真


tt340 

全体の背景

     

tt341
Tran Van Nam 省の人民委員会の副会長 

 tt342

Nguyen Van Hung –Becamex IDC役員会長兼社長

tt343
Nguyen Thanh Phuong – Tan Uyen 県の人民委員会の会長

 tt344   

Nguyen Van Von – Tan Uyen県の住民の代表者

tt345
 
Binh Duong省、Tan Uyen県とBecamex IDC会社の幹部は鍬入れ式をスタートするためのボタンを押しました

tt346  tt347
     
鍬入れ式がスタートしてから建設工事が着工されました

 

ソース: BecamexIDC

Bài viết liên quan

ビンズオン・等級都市の起工

サイゴン経済タイムオンライ)3月2日に、三菱東京UFJ銀行(日本)はビンズオン新都市のあり12億ドル米の資本の都市投資プロジェクトの実施のためにBecamexIDCと等級グルップと結合するBecamex・等級有限責任会社に資本を融通することを公開した。

東部国際大学は会社と諮問及び交流を行った。

2011年学生を募集する諮問プログラムで、東部国際大学は、2011年03月27日に、ビン・ズオン県の人民委員会の副主席であるフィン・ヴァン・ニー氏、ビン・ズオン教育訓練省の副社長であるダァン・タィン・サーン氏、ホーチミン市国家大学及び大学後の部長であるグエン・ホイ・ギャー博士、Becamex IDCの副最高経営責任者であるファーン・ゴック・テゥアン氏、ビン・ズオン県のミー・フゥク工業地帯「Kirin」、「Kubota」、「TaTung」などの 会社の幹部代表としてを行った。そして、大学の代表及びグエン・フェ、テゥ・サーン、テゥン・タン、ライ・ヅエンなどの高校の600くらい学生も参加した。

2011 – 2015の期間の社会保障住宅を建築するプロジェクト

07月05日に、省人民委員会会長のレー・タン・クン氏及び副会長のテャン・タン・リェン氏は工業投資・発展総会社 – 一つのメンバーの有限会社 (Becamex IDC) が2011 – 2015の期間の社会保障住宅を建築する提案を説明する会議を担当する。主席者は関連のある局、業界及び提案履行機関である。

第3ミーフォック工業団地・ベトナムヒートメタル川崎有限会社の建設起工

2011年06月22日、ベトナムヒートメタル川崎有限会社は、ビンズオン省のベンキャット県の第3ミーフォック工業団地で、工場の建設起工式を開催した。ベトナムヒートメタル川崎会社は7,777平方メートルの面積に建設され、450万ドルの投資資金で、工業団地の第105番目の投資家です。これは設備のトレー、バスケット、金属熱処理などの熱的処理システムに関する金属部品を生産するプロジェクトである。1年に当たり2.400.000kg の金属の熱処理で1000個の設備の生産能力を持つ。

Yongho Vina建設有限責任会社の工場除幕式

Yongho Vina Steel工場は500万ドルの投下資本を持って、YONGHO VINA建設有限責任会社の5 町歩で、1.5 町歩を占める。