ユーティリティライブラリ

インフラ整備(07/10/2011 06:59:58)

1. 交通インフラ整備:

Becamex IDCが投資する各工業団地は国道13号に沿い、全国の重要な交通路線を繋がっている。

完全したのは2562メトルの幅で、4060トンの荷重で、アスファルトコンクリートの交通路線及び工業団地内道路システムである。

2008年の初めに建築された35キロメトルで、6車線の規模として、ミーフォク-タンバン高速道は各工業団地を南部の重点経済区の中心に繋がている。このことにより、現存の路線に比べて、各工業団地から海港・空港まで輸送するのは25分だけで、輸送経費70%のみかかる。

その上、Becamex IDC総会社と上海市政工程設計研究総院と協力して設計した13号線の高架道路がビンフォク交差点からソサォ交差点まで、全線の長さが25.7キロメトルである。ちなみに高架道の長さは20.16キロメトルで、ビンズォン省における各工業団地ビンフォク省及び西高原に行く本線に繋がって、重要な交通道路になる

2. 給電・給水システム

 給電システム:500MAVの変圧所及び22 KVの国家電気回路網が土地ロットの境界に提供される。

 給水システム:ビンズォン省において、Becamex IDC総会社に直轄する給水、排水のメンバーの会社がある。

 工業団地の給水・排水システムはØ 27Ø 800の水道管による閉管システムが完全に投資され、80.000立方メトル/日の能力で各工場に圧力及び能力十分に提供する。

 それ以外に、工業団地には加圧ポンプ所、二つの貯水槽、300つの消火設備が整備される。

3. 排水処理(B欄からA欄に処理)

 各工業団地において16.000立方メトル/日の能力で集中排水処理工場は受け入れ、TCVN 5945:2005A欄の基準に処理することを保障する

4. 情報通信システム:

 VNTT技術・情報通信株式会社(Becamex IDCVNTT郵政・通信グルプ及びベトナム投資・開発銀行の協力)はBecamex IDC総会社のメンバー会社で、各工業団地の連絡網・情報通信のインフラを担当すること。

 電話ケーブルシステムは土地ロットの境界に設置され、お客様の要求に応じて、数量無限で提供される。ファイバケーブルシステムは通信アプリ及び外注チャンネルにアクセスすることができる。

 IDD, VoIP, ADSLの交換局がある。

Other news
プロジェクト実施進捗

プロジェクト実施進捗 (09/10/2011 08:18:03)

目前的建设进度

- 已经完善地建设学校

- 宿舍:正在完善

ミェン・ドンー国際大学プロジェクトの影響

ミェン・ドンー国際大学プロジェクトの影響 (07/10/2011 08:59:43)

くわ入れ式では、副首相兼教育訓練省のグェン・チェン・ニャン氏は教育訓練発展、ビン・ズォン省の人材教育へ現地の組織、企業、個人からの専念、関心を評価した

EIU 学生の生活

EIU 学生の生活 (07/10/2011 08:55:25)

1.教室、講堂

面積:68.592 m2

教室:210室

教室は国際標準による近代的な音、プロジェクター、コンピューター、その他の設備を設置された。

机、椅子は、学生への最良勉強環境をもたらすために、外国専門家の意見を参考して、十分に選択された

EIU: 目標、機能、任務

EIU: 目標、機能、任務 (07/10/2011 08:36:18)

 - 目標:

人材、タレント、人格をプロに教育して、ビン・ズォンと東南部の地域経済社会発展のために工作、技術、サービスを訓練、実行する。2020年にミェン・ドン国際大学がベトナム20一流大学の中に、東南アジア100率先大学の中に、アジアの250率先大学の中に、世界の2000率先大学の中に属する大学になる。ミェン・ドンー国際大学の教育、科学研究は同じランク大学のとペースを保つ。

EIU - 管理組合

EIU - 管理組合 (07/10/2011 08:16:42)

    -ミェン・ドンー国際大学は株塾の模型で行われた。現行法によって大学管理委員会のメンバー数、責任、権利が決まった。

-2級による行政管理:学校、学部

- 学校の取り締り役:校長、3人の副校長

    - 科学-教育委員会は校長、大学管理委員会に教育と科学活動を諮問する役割を持つ。