ベカメクスの活動・イベント

2014ベトナム南部ビンズン省投資環境セミナー(11/23/2014 10:08:55)

 

繋がりだしたバリューチェーン

各種製造業及びサービス産業及の皆様へ

(1)サプライチェーン

ベトナム南部では産業の蓄積が進みだし、サプライチェーンが繋がりだしています。

今回はその一例としてビンズン省へ進出した日系の金属熱処理業者及びメッキ専用業者が、ベトナム進出動機や体験談、ベトナムにおける事業についてご説明致します。

機械加工業の方には是非ともお聞き頂きたいと思います。

(2)デマンドチェーン

最近では既にベトナム進出済みの企業へのサプライヤーとして進出する企業も増えてきています。

また、大消費地であるホーチミン市の北に隣接するビンズン省は、消費物資の製造業にとっても魅力的な場所となっています。

さらに東急電鉄の進出によりビンズン省自体も市場としての魅力を備えつつあります。都市開発に貢献するサービス業の進出も歓迎しています。

(3)ロジスティックチェーン

南部経済回廊を経由して陸路でタイまで約24時間、海路を利用して日本、アメリカ、インドネシアなど世界にアクセスきる位置にあります。最近ではタイ+1としても注目されています。

このたびビンズン省人民委員会を中心とする経済代表団が来日する機会を捉えベトナムへ進出をご検討されている方々やベトナムにご興味を抱かれている方々を対象にセミナーを開催致します。

 

Picture1

 

ビンズン省の工業団地を取り巻く環境

1. 豊富な労働量(ワーカー用の住宅)

2. 日本語による(日本人及び日本語対応ベトナム人スタッフ)充実したサポート

3. ビンズン新都市、東急ビンズンガーデンシティ

4. 東部国際大学、「寺小屋」日本語センター

ビンズン省の工業団地(特にミーフック工業団地)は、輸出加工業、素材産業、機械加工業、消費物資製造などの製造業はもとよりショッピングセンター、物流、飲食、ホテル、娯楽、教育、医療などのサービス業他、全業種の企業様のご入居を歓迎しております。東京急行電鉄㈱との合弁による東急ビンズンガーデンシティ開発、NHKにても報道された現地バス輸送事業に関与する事業での進出も可能です。ベトナムへの進出或いはビジネスにご関心をもたれる皆様方には絶好のこの機会をお見逃しなく最新情報の入手にお役立て下さい。


主な参加予定者及び講演予定者  *(講演予定者は、都合により変更がありますので予めご承知下さい。)
  
   ビンズン省人民委員会 委員長 チャン・バン・ナム氏「主催者挨拶」

   山口大学 教授 大学院理工学研究科 工学博士 今井 剛氏 「山口大学生のベトナム短期英語留学体験」

   YICグループ 学院本部 常務理事 中谷浩美氏 「ビンズン省進出体験談」

   岩井プラントテックベトナム(本社名:岩井機械工業) 社長 植松完二氏 「ビンズン省進出体験談」

   三菱東京UFJ銀行 国際業務部 調査役 薮内一夫氏 「ベトナム最新投資環境について」

   ベカメックス社 日本市場担当副部長 植松完二氏 「ビンズン省と工業団地 」


ビンズン省人民委員会・ベカメックス社 日本連絡事務所 セミナー事務局
お問合せ → FAX 04-7157-2812
*********************************************************************************

新山口会場 開催要項》

Picture2-1

Picture3

お申込方法

  1. 申込書に必要事項をご記入の上、ベカメックス社日本事務所までFAXにてご返送下さい。締め切りは、12月05日(金)とさせて頂きます。

ここにダウンロード登録フォーム 

  2. 参加申込受付表、参加証等は発行いたしません。問題がある場合には、こちらからお電話等にて個別の連絡を致しますので、直接会場へお越し下さい。

  3. セミナー当日にはお名刺をご持参下さいます様お願い申し上げます。

  4. 取得したお客様の情報は、適切に管理し本セミナーの運営管理のためだけに利用し、守秘義務を厳守いたします。


他のニュース
シンガポール共和国のトニタンケンヤム大統領はビンズオン省の訪問

シンガポール共和国のトニタンケンヤム大統領はビンズオン省の訪問 (04/27/2012 12:19:22)

04月26日の朝、マイテェチュン地方の党委員会委員長とレテャンクン人民委員会委員長は人民委員会でベトナムでの出張中シンガポール共和国のトニタンケンヤム大統領と夫人を歓迎した。

Becamex IDCは2011年の活動概括の報告及び2012年の課題見当の展開に関する会議を開催した。

Becamex IDCは2011年の活動概括の報告及び2012年の課題見当の展開に関する会議を開催した。 (03/22/2012 07:07:55)

投資・産業開発会社-有限会社(Becamex IDC)は2011年の活動概括の報告及び2012年の活動見当の展開に関する会議を開催した。

ビンズオン省は社会住宅のプロジェクトに大きく投資する・投資誘致、産業開発に関する新突破。

ビンズオン省は社会住宅のプロジェクトに大きく投資する・投資誘致、産業開発に関する新突破。 (03/07/2012 01:39:47)

投資誘致、経済開発と国際総合の経験から総括した。ビンズオン省は人材の源の安定が一流の優先であることを確定する。その内に、物質生活と精神生活の世話は社会経済業に強固的な開発を齎す要点的な要素である。そのために、ビンズオン省は2011- 2015年の社会住宅プロジェクトの建設展開を指導した。ビンズオン省の一流のである企業の投資と工業開発会社に任せ、2012年2月24日に本プロジェクトを起工した。これは、ビンズオン省の党委員会が提出した高く強固的な開発目標の重要な突破で、投資資本誘致、産業開発の新突破である。同時に、これも都市化プログラムの動力である。ビンズオン新都市の開発に貢献する将来都市の住民として従業員ための生活の最良世話の決心を表す。これは、ビンズオン省は一レベルの都市と2020年に中央直轄の都市にになるように重要なプログラムである。

ベカメックスIDC:2011年はブランドが確認される年である。

ベカメックスIDC:2011年はブランドが確認される年である。 (01/10/2012 12:21:36)

2011年に終了し、2012年に歓迎し、ベカメックスIDC株式会社のすべてのスタップと労働者と指導者は多くの活動とイベント・実績を持って、2011年を振り返って高慢した。2011年における経済状況はまだ困難ですが、ベカメックスIDC会社は強力なブランドを確認するために確実で自信的な経営方針を持っていた。2011年における会社全体の勤労のマークをする重要な点は下記である。

Becamex IDC `社会住宅建設突破

Becamex IDC `社会住宅建設突破 (11/21/2011 09:57:44)

ビンズォン省の工業、都市、教育、医学開発インフラ建設において主力する投資、工業開発1メンバー有限総会社(Becamex IDC)はベトナム-シンガポール工業団地、ビンズォン大路、ミ・フォック都市・工業団地、バウ・バン工業団地、ミェン・ドン国際大学、国際病院といった省の