プロジェクト・国家政策ニュース

ビンズオン・等級都市の起工(03/07/2012 12:23:39)

(サイゴン経済タイムオンライ)3月2日に、三菱東京UFJ銀行(日本)はビンズオン新都市のあり12億ドル米の資本の都市投資プロジェクトの実施のためにBecamexIDCと等級グルップと結合するBecamex・等級有限責任会社に資本を融通することを公開した。


三菱東京UFJ銀行のこの約定は投資許可書の受信式と同時に、ビンズオン・等級有限責任会社のビンズオン新都市でビンズオン・等級都市プロジェクト「Tokyu Binh Duong Garden City」の建設の起工式で公開された。


合弁会社によると、三菱東京UFJ銀行の約定はビンズオン新都市における71ヘクタール以上の面積の都市開発プロジェクトを早く実行されると確認した。


等級グルップの会長の俊明越村氏は、合弁会社はビンズオン・アパート、住宅、レクリエーション施設、商業区、事務所などが7.500件ある等級ガーデン都市を開発すると発表した。
越村氏によると、等級グルップは日本の東京市の西南方における5.000ヘクタール面積の等級多摩田園の開発プロジェクトの結果を達成する実績と共に、自分の243子会社のシステムの結果に基づいて、ビンズオン・等級ガーデン新都市プロジェクトを開発する。

 

Du an_Tokyu_Binh_Duong_3


このプロジェクトは形成さると、ベトナムへの都市開発技術を輸出する最初の日本企業となる。


Becamex IDCの会長のグエン・ヴァン・フン氏によると、厚さ経験がある二つのグルップとの合弁は日本スタイルによるビンズオン・等級都市の開発を協力・実施するのは最大限的な要求を満たすために、親しい生活だけでなく、ビジネス環境、製品の展示と貿易の接続を作成することができる場所が選択することができると信じる。


フン氏は「二つのグルップの経験と金融で、ビンズオン・等級都市建設プロジェクトの以外に、2つのグルップは次の年にビンズオンし都市開発の要求をサービスする他のプロジェクトを実施するために研究し続ける」と言った。フン氏は、都市のプロジェクトが2020年に中央直轄都市となるビンズオン省時期の前に実施されると信じる。


ビンズオン省人民委員会長のレ・テャン・クン氏は、ビンズオン新都市におけるビンズオン・等級都市建設の投資のためにBecamex IDCと等級グルップとの合弁はビンズオン省の人民に日本のスタイルによる便宜に貢献する。


これは2020年の中心都市になることを目指してビンズオン省に改装期間中に地域の急速な都市開発に貢献し、重要な意義がある工事である。

Du an_Tokyu_Binh_Duong_5


越村敏明氏は、等級グルップには支社後会社が243あり、従業員が7万4千人いると聞かした。不動産業と都市開発に加えて、等級グルップは現在、毎日290万人の乗客運送する電車、バスのシステムと共に高級スーパーマーケット業、小売、ホテル、リゾートサービス、情報技術、セキュリティなどの各業を運営している。我々は海内に応じて、都市開発で以上の述べた運営各業を導入して、便宜で現代な機能を持っている都市を開発することができる。ベトナム東急に投資を決定する前に、世界中の多くの他の国に投資してきました。


(サイゴン経済タイム)

他のニュース
ビンズオン省は2011 – 2015年の社会住宅プロジェクトを起工

ビンズオン省は2011 – 2015年の社会住宅プロジェクトを起工 (02/27/2012 04:21:54)

今朝(2月24日)産業・サービスとビンズオン都市地域の連合区におけるホアロイ都市で地方の人民委員会と投資・産業開発有限会社(Becamex IDC)は2011-2015年のビンズオン省の社会住宅プロジェクトの起工式を開催した。ホアン•チュン•ハイ副首相、グエン・ミン・チエット元大統領、マイ・テェ・チュン委員会委員長、レ・テャン・クン人民委員会長共に省庁、中央支店の代表者は一緒に式典に出席した。

国家会議: 労働者向け住宅:状況と解決

国家会議: 労働者向け住宅:状況と解決 (10/18/2011 11:01:11)

10月17日付、住宅政策及び不動産市場に関する中央運営委員会はビンズオン省ビンズオン新都市に建設省、ベトナム労働連邦とビンズオン省人民委結合し、「労働者向け住宅:状況と解決」に関する国家会議を行った。建設省兼住宅政策及び不動産市場に関する委員会の副長のチン・ヂン・ヅン大臣、ベトナム労働運営連邦のダン・ゴック・ツン主席、ベトナム祖国戦線委員会のブイ・ティ・タン委員長とビンズオン省の各指導者とは一緒に同会議を主催した。

東部国際大学・人材育成の国際規格

東部国際大学・人材育成の国際規格 (10/01/2011 05:15:36)

2011年9月に、(EIU)東部国際大学はビン・ズオン新都会で最初の学年を開講した。、国の工業化と近代化のプロセスを提供する高品質な人材を満たし、実際に関連付け、国際規格の教育の目的は、EIUが父兄と学生の関心をもらった。でも、新学年に、EIUは2011-2012学年の奨学金のための200億ドンを費やし、留学生のアメリカでの研究のように多くの実用的なプログラムを行った。

東部国際大学とポートランド大学との持続可能な開発の目標のための全面的な協力

東部国際大学とポートランド大学との持続可能な開発の目標のための全面的な協力 (07/26/2011 05:09:42)

東部国際大学(以下EIUという)の9月に開講する最初のコースとともに、育成分野におけるEIUおよびポートランド大学(以下PSUという)との全面的な協力は現在、両親・学生の関心の問題である。それによって、社会の高い質の人材要求を満たし、自分自身を向上させるために、国際的なレベルで、新しい育成方法へのアプローチできるように新学生に向け多くの機会をもたらす。

東部国際大学は会社と諮問及び交流を行った。

東部国際大学は会社と諮問及び交流を行った。 (03/27/2011 04:40:10)

2011年学生を募集する諮問プログラムで、東部国際大学は、2011年03月27日に、ビン・ズオン県の人民委員会の副主席であるフィン・ヴァン・ニー氏、ビン・ズオン教育訓練省の副社長であるダァン・タィン・サーン氏、ホーチミン市国家大学及び大学後の部長であるグエン・ホイ・ギャー博士、Becamex IDCの副最高経営責任者であるファーン・ゴック・テゥアン氏、ビン・ズオン県のミー・フゥク工業地帯「Kirin」、「Kubota」、「TaTung」などの 会社の幹部代表としてを行った。そして、大学の代表及びグエン・フェ、テゥ・サーン、テゥン・タン、ライ・ヅエンなどの高校の600くらい学生も参加した。