close-search

ビンズン新都市

capa

目指すべき場所

南部主要経済圏の中心に位置するビンズン新都市は、ビンズン省の政治、経済、文化、金融の中心地であり、そして地域の近隣の省への玄関口として位置付けられています。このプロジェクトは、近い将来、複数の幹線道路と2つの鉄道路線の交差点を有する公共交通機関のハブとなり、TOD(交通指向開発)モデルに従って総合開発されていきます。

ビンズン新都市は、1,000ヘクタールの開発で、十分に計画され投資がなされているビンズン工業・都市・サービス業複合区の1/4をカバーしています。この地域は、金融・経済センター、住宅街、中央公園の区画に分かれています。ビンズン新都市は、約60万人のホワイトカラー労働者に対応する120万m2以上のオフィススペースを建設し、80万人以上の住民に対する質の高いサービスと施設で住民の安定した生活へのニーズに対応しています。

ビンズン新都市は、ビンズンスマートシティの中核をなし、2021年に世界のトップ7の優れたスマートコミュニティの中でICFによって表彰され、トップ21(Smart21)に3年連続で入賞を果たしました。

ここは、経済交流、貿易とサービス、研究開発、技術移転を促進するための新しいるつぼになります。すべての人にとって、仕事、居住、遊び、学習のための理想的な目的地となります。


工業都市は周辺の工業地帯へのサービスを提供し

地域間のシームレスな接続を実現

ビンズン新都市とトゥドゥック市を結ぶスイティエン – ビンズンルートやビンズン – バウバンルートなど将来の鉄道路線や主要な交通ルートのインターチェンジに隣接するビンズン新都市の戦略的な立地は、強力な地域間の輸送接続を促進します。都市と都市、都市と工業団地、工業団地や都市部と公共施設や施設をつなぎます。

国際貿易・商業のゲートウェイ.

2019年、Becamexは、世界貿易センター協会から会員資格を授与され、世界貿易センタービンズン新都市(WTCビンズン新都市)を設立する資格を与えられました。 これにより、ビンズン省と100か国以上の300を超える世界貿易センターが繋がり、WTCブランドの複合施設の開発が可能になっています。

世界貿易センタービンズン新都市は、開発のフラッグシップであり、国際貿易の玄関口です。 貿易サービスを促進することは、ビンズン省の経済構成における産業の普及を補完するものです。

WTCビンズン新都市は、3つの主要な細分化されたクラスターで構成される大規模複合体であり、総床面積は400,000m2あります。

は、商業センター、多目的ホール、中央鉄道駅、小売店、5mの深さがある広場など、あらゆる種類のサービスのための包括的な設備とスペースを備えた7Haの多機能複合施設センターです。

このプロジェクトはいくつかの主要な通りの中心に位置し、ビンズンとトゥドゥック市とベンタン – スイティエン都市鉄線に繋がる中央駅でもあり、TOD都市チェーン開発を促進しています。

は、22,000m2(屋内および屋外の展示エリアを含む)の面積を持つベトナム最大の展示センターであり、10,000人を超える訪問者を収容できます。 WTC Expoは、2022年に開始され、毎年27,000人の訪問者が展示会やイベントに集まると予想されています。

WTC Expoを使用すると、製造業の企業は、最新の製品やサービスの紹介やデモンストレーションをし、業界のパートナーや顧客と会い、最近の市場動向や機会を探ることができます。

は、30階建ての複合オフィス複合施設で、総床面積は60,000m2です。オフィスフロア、商業ビジネススペース、会議室エリアを含み、2022年の第3四半期にオープンする予定です。

ビンズンに本社と駐在員事務所を持つ企業のニーズを満たすAグレードのオフィスタワーとなります。

ベトナムにおける世界に通用する国境を越えた電子商取引ロジスティクスの試験的運用

ベトナム初の越境EC物流センターがビンズン新都市に設立されます。新しい税関規制により、これは省と企業をつなぐ技術プラットフォームとなり、電子商取引のための物流施設の集積地となります。


科学技術都市、技術移転と科学研究を誘致

トレーニング、研究開発、商品化、スタートアップ活動を支援するイノベーションとテクノロジーのスタートアップのエコシステムが形成されています。エコシステムには、Becamex R&D科学技術研究所、テクラボ、ファブラボ、スマート製造業イノベーションセンター、Becamexビジネス・インキュベーター、先進製造センター、ブロック71サイゴン(ベカメックスとシンガポール国立大学の戦略的パートナーシップ)などがあり、ベトナムのハイテク・スタートアップ・エコシステムを世界につなげています。


住みやすい都市 – 質の高い人材の確保

ビンズン工業・都市・サービス業複合区(4000ヘクタール)の4分の1の面積を占めるビンズン新都市は、100万人近くの居住者のニーズに応えるため、さまざまなセグメントの多種多様な住宅タイプと、幅広い高水準のサービス、設備、施設を提供しています。

  • 75Haの中央公園、都市の中心部にある緑豊かな公共の生物保護区です。
  • 車で15〜30分以内に、国際クリニック、Becamex国際病院、ミーフック総合病院などの医療施設があります。
  • K12システムの公立およびインターナショナルスクール(シンガポールインターナショナルスクール、越華国際学校、ゴトイニエム小中高等学校、グエンキュエン中高等学校)。
  • EIU、VGU、職業訓練校、または専門学校などの高等教育。
  • 金融街には、ベトコムバンク、BIDV、新韓銀行など、多くの有名な国内外の銀行が集まっています。
  • Becamex東急のゆったりして効率的な公共バスシステム。
  • ショッピング:将来のWTCショッピングモール、ソラガーデンズショッピングセンター
  • フードコートとレストラン:ヒカリフードコート、スターバックス、ハイランドコーヒー、コーヒーハウス、ピザハット、ピザ4P、すき家、寿司バーなど。
  • コンビニエンスストア:GS25やファミリーマート。
  • サッカー、野球、テニス、公共プールなどのスポーツ複合施設。
  • 文化施設。

国際的なイベントの活気に満ちた目的地

ビンズン新都市は、投資と貿易促進、技術と革新、スポーツと文化の主要な国際的なイベントのための理想的な目的地であり続けます。

アジア経済協力フォーラム(Horasis)

2018年及び2019年

WTCビンズン新都市発表式

2019年

スマートシティサミットビンズンハッカソン・プログラミング・コンテスト

2016年&2017年

ベトナム – 日本国際U13サッカートーナメント

2019年&2020年


戦略的な場所

特別オファー

ビンズン省とベトナム全国の省における複合都市 – 工業団地プロジェクトの開発における豊富な経験と広範なつながりにより、当社は、さまざまな業界のお客様をサポートし、トータルソリューションを提供することができます。

  • ベトナムおよび海外のお客様への住宅、商業、学校プロジェクトへの投資促進のためのコンサルティングおよび支援。
  • 都市開発投資家向けの投資プロジェクトの策定に関連する手続きのコンサルティングと支援。

プロジェクトショーケース


    Get In Touch

    * Required Fields

    0 /50

    By clicking Submit, you agree to adhere to adhere Terms and Conditions & Privacy Policy.

    連絡先

    もし貴方がベトナム市場での可能性を探っているのであれば、ベカメックスIDCを選んでください。貴方のビジネスが必要としているものは我々のエコシステムにあります。

    関連プロジェクト

    すべてのプロジェクトを表示